2019年4月3日水曜日

【転職活動記】残業代が出ないブラックは嫌だけど、無駄に残業代を請求する惰眠にもなりたくない。

            
いきなりですが、タイトル通りです。

最近、仕事をするなかで強く感じた「残業」がはらむ問題について書き殴ろうと思う。

さて、ブラック企業の指標の一つに「残業代が支払われない」ということが挙げられる。また建前では残業代を払うと言っておきながら、特に若い人間は上が残業を付けていないため、なし崩し的に残業が付けられない現状がある。

新卒で入社した会社で目の当たりにした事実で、自分が働いた対価を請求できないなんておかしい!と常に感じていた。

だからこういう状況に対して、意見を発したこともあるが、ただ職場では煙たがられるだけでどうにもならなかったことをよく覚えている。

まぁこれだけでもないのだけれど、転職の理由の一つでもあった。

しかし、転職した現在は、逆に会社ではなく、社員が狂っている事態を目の当たりにしているのです。簡潔に言えば、大したアウトプットもできず、仕事が遅いだけなのに、無駄に居残って残業代を請求する輩。

担当客先の数も、仕事の分量も、そしてそれらをコントロールしようとせず、ダラダラと仕事をする人間が、自分より多く残業をして、自分より多く給料をもらっている現状。この腐った状況に対して、この頃、疑問符がつくようになりました。

個人的な話をすれば、私の部署は、支店の中でも一番の稼ぎ頭で、上司からの仕事の要求レベルも高ければ、無駄な残業も認めない。だから自律して仕事を行うことが求められる。

私の仕事のスタンスとして、特に前もって納期が分かっていた社内向けの仕事では絶対に残業しないことを強く心掛けている。なぜなら、そうした事前にいくらでも対応できる仕事が期日通りにできないのは、自分の怠惰が原因だからだ。

営業は社内外含め、自分の仕事をしっかりコントロールすることも職務だと思う。

しかしながら、他部署の若手を中心に周囲を見れば、仕事をコントロールしようという意思がまるで見られない。むしろ、コントロールできない怠慢な自分を棚に置き、しなくても良い残業をすることで対価を請求する始末である。

正直、残業代をもらうために、生活残業をしているようにしか見えない。

そんな奴らに対して、自分で仕事を適切にコントロールしてメリハリをつけている私の方が「なぜ給料が低いのか?」
気にしないように心がけているとは言え、この現状がかなりストレスフルだったりする。

とはいえ見方を変えてみれば、そういう残業代請求モンスターは、定時後の大事な時間を浪費しており、会社の残業代を当てにすることしかできないかわいそうな人たち。

自分で価値を生み出せないからこそ、価値を生み出さなくてもお金がもらえる状況にすがるしかないと言えるかもしれない。

そういう意味では、社会人として大変みっともないし、これから多様に社会情勢が変化して、一人の社会人として歩んでいくなかでも「企業」という後ろ盾を失えばどうしようもない。

そうした状況に対応できるように、私は少なくとも準備をしている!
本職でも若手の中で一番仕事に対して前向きに取り組んでいると思うし、それを上司にも評価されている。

時間の管理もしっかり行い、なるべく定時で帰れるように日々の業務をこなす!

そしてアフター5や休日では「自分のやりたいこと」「やるべきこと」に決して手を抜かない!!

別に自分が偉いと言いたいわけじゃないけれど、ダラダラと時間を浪費して惰眠を貪っている連中に比べて、自己に対して投資し、時間を有効活用している自負がある。

また幸いにも、私の上司や、仕事を一緒に行う理系畑の方々は、尊敬できる人間が多い。学ぶところは多くある。特に、私の上司の仕事の姿勢や動き方を吸収出来たら、今の会社に来た価値が大いにあると思う。

新卒で入った会社も転職で入った会社も、それぞれ別の観点で、おかしいと思う点は多いけれど

「自分が会社に働かされているのでなくて、自分だからできる仕事!」
「仕事をしっかりコントロールして自分理想のワークライフバランスを作り上げる。」

この転職の際の課題については、まさに自分の思い通りになってきている。

日頃感じるストレスを度外視に、自分が突き進みたい道を自分の力で駆け抜けたい!
そんな確固とした意志を感じる今日この頃です。



ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter