2019年4月1日月曜日

【2019年3月雪山】福井が誇る雪山バリエーションルート「銀杏峰~部子山」ピストン縦走(後半)

            

さぁ、この冬季バリエーションルートの真髄!!樹氷の王国へ。

まず1ピーク目の「銀杏峰」を制した私たち、それでは次なるピークの「部子山」へと向かう!

実はこの2座はつながっているけれど、正式な登山ルートとして認定されていない。
つまりは、マイナーなハイカーたちにより開拓されたルートで「バリエーションルート」と言われるマイナー中のマイナーな登山道!

いつかは手を出して見たかったから嬉しい。
これはまだメジャーな方だけれど、これからはどんどん挑戦していきたい!(危なくない程度に)

山の世界もどんどん広がっていきそうだ!


さてさて、銀杏峰付近の稜線は広くてなだらか。

雪原を思わせるけれど、そこに顔を出す樹氷を見れば、雪に埋まったブナの上を歩いていると分かる。

右手に見えるピークが「部子山」
今からあそこまで行くと思うとワクワク♪

さぁ、ただ気の向くままに導線を決めて、自由闊歩するのが楽しい!
そして雪質がしまっているので、ラッセルでも足がはまらないのが嬉しいところ。
目の前に現れる「ナマコ樹氷」(私命名w)

その先には「能郷白山」を望むことができた!
私が来シーズン狙っている雪山だ。

あそこも距離と標高差があり、なかなか手強いとか!

そして晴れ間が覗いてきて、ほんのり空が水色に染まってくる!

そうして銀杏峰の平らかなエリアを抜ければ
いよいよ「部子山」が飛び込んでくる!!

おおお〜〜〜〜〜!!!今からあそこまで縦走するのかぁ〜〜〜!!
(おらワクワクが止まんねっぞ!w)

そして見たかった青空樹氷
今シーズン振り返ってみれば、随分天気に恵まれて、素晴らしい樹氷を見ることができた気がする。

いよいよ開けた稜線へ!
いやぁ、これが標高1000mちょっとの世界には到底思えない!
このルート、穴場すぎるぞ。

そして右斜面に展開する樹氷が美しすぎて見入ってしまう。

にしても午前中とは打って変わって良い天気になってきました!
快晴も良いけれど、程よく雲があると、それはそれで味になるね。

そして、ここからは怒涛の樹氷ラッシュ!言葉で説明するより、写真で見てもらったほうが実感してもらえると思うので、連続していきますよ!




いやぁ、進めば進むほど現れる樹氷が、雪山の世界の美しさを演出します。

樹氷の森の中を歩いたり、稜線から眺めたり・・・
シチュエーション一つ変わるだけで、また違う風景を見せてくれる。

やはり、雪山は一年の中で、一番好きな登山シーズン!

さぁ、そんな「部子山」の樹氷尾根を抜ければ、ようやく「部子山」へのラストスパート!!

一旦標高を落としてから、中々エゲツない登りが続くけれど、雪が閉まりすぎておらず、程よく足が固定されていい感じ♪
そして無我夢中で登って、振り返ってみれば・・・!!

うわぁああああああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!
 樹氷尾根の先に白山!

尾根も雄大で「部子山」が魅せる世界に圧倒されます。

しかしながら、ここから半端ない急登が始まり、風に晒された表面はガリガリ・・・!
アイゼンを付けても、上手く入らないほどに硬い。。。
堪らずゆるい区間を探すけれど見つからず、滑落をしても大事にならない場所をセレクトして、何とか通り抜けました!

そしてその上にたどり着くと、まさにそこは別天地。
 青空と相まって、この天空感!
いやぁ、堪らない・・・!!

 振り返っても、この福井の山域の素晴らしさを抜群に感じる展望!
向かい側に飛び込んでくるテーブルマウンテン樹氷が好きすぎる!!
そして2つ目のピーク「部子山」に到達!!
よっしゃぁああああ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!

10km以上の道のりもあるけれど、先程の急斜面を越えてきたからこその感動がある!

曇りがちな天気も何とか保ってくれて、樹氷の稜線に大野平野、そして白山・荒島岳と大勝利だ。

しかし、帰りの行程を考えていると、決して余裕はない。早速下山!

先程の急斜面を乗り越えれば、とりあえず一息つけます(笑)

そして先程の樹氷尾根をピストンするわけだけど、日の当たり方が変わってきて、先程とは違う印象を見せてくれる。

ダイヤモンド樹氷

陰影感①

陰影感②

復路も健在の青空樹氷!

数時間前に同じ場所を通ったのに、同じ絵にならない!
これこそ樹氷の醍醐味だと思う。

そして「銀杏峰」方面へと近づいてきた!

ここでも樹氷の陰影感が好き。

そして振り返ったときの、この浮かび上がるような「部子山」の山容が堪らなかったです。

進めば進むほど、様々な表情を見せる福井随一の雪山バリエーションルート!

樹氷といい、パノラマといい景色も素晴らしいほか、距離も標高差も十分ある。
総合的にみて、こんなに充実感あるルートは他にないと思う。

それでは「銀杏峰」付近へと戻ってきた!
ありがとう山上の「樹氷の王国」
また来シーズン必ず来るよ!!

しかし、銀杏峰前山までは余韻がひたひたと。

そこからは「行きにこれ登ってきたん?」と言うほどの急斜面の下り!

特に銀杏峰前山より下は要注意!
個人的に、こうした下りを駆け降りるのが好きだけど(笑)

そして登山開始から8時間で登山口へ戻ってきました♪
写真をたくさん撮ったにしては良いペースだったかな?(^-^)v

さぁ、福井遠征初日は、これまででも屈指の最高の山行になりました!
明日の天気が少し心配だけど、楽しみでならない!

PS.私の大好きな民宿「林湊」さんで、暖房聞いた部屋で、たらふくのご飯。最高でした!!

~続~


ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter