2019年3月20日水曜日

【2019年3月雪山】樹氷と笹原のパノラマルート「南沢山~富士見台」ピストン縦走【前半】

            

先週末は阿智セブンサミットの「富士見台高原」と「南沢山」へ雪山縦走!!



厳冬期も終わりを迎える今日この頃、暖冬も相まって雪が少なくなってきたけれど、低気圧が通過した直後、チャンスだと思って中央アルプスへ雪山登山に行ってきました。


中央アルプスと言われれば、木曽駒ヶ岳や空木岳など駒ヶ根や伊那方面を思い浮かべるけれど、広義的に言えば、恵那山まで続いていて、その恵那山系を構成する山が今回の「富士見台高原」と「南沢山」

ちなみにこの恵那山一帯は、岐阜県阿智村にあたり「阿智セブンサミット」という7つのピークが認定されており、今回はその二座を縦走してきたということ!

あまり知られていないですが、中央アルプス南部は、今まで登った中でも屈指のパノラマコースでした!今回は、その記録をつらつらと。

登山口からふかふかの雪!樹林帯を抜けて「南沢山」へ

この頃、愛知県豊田市の実家へ帰ってから登山に行く機会が多い!というのも、特に南信や岐阜の山へのアクセスがしやすいから。今回登る山は恵那ということで、車で1時間半ほど!

この近さが有難い!おかげで少し早起きするだけで早朝から登山できる!
登山口についたのは8時30分。
ここで既に雪が迎えてくれるものだから、テンションが上がらざるを得ない!下に雪がある場合は、たいてい山頂付近に樹氷や雪原が広がるはずだから楽しみだ!!


(このときは、まさかこの先に半端ない世界が広がるとは予想だにしない…笑)
詳しくは後ほど!


最初からふかふかな雪質を進めるので楽しい!久しぶりのこの足裏のキュッキュッとした感覚が心地よい!と意気揚々と進んでいったものの10分後

辺りは雲に包まれ、吹雪になってくる!
今日は晴れときいていたけれど、まさか荒れるとは・・・

今後の天気の行く末が気になるけれど、とにかく前進あるのみ!

幸いにも最初は樹林帯で木に囲まれているし、雪や風の影響を大きく受けることはないことに救われました。

しかも樹林帯が趣ある登山道で進むのが楽しい!!

どっしりと座る入り組んだ木が見物!

登山とは言え、ゆるやかに続く道のため、雪山のキツさはない!
とにかく極上な雪質を歩くのが楽しい!!
そして中間地点へ、ここで1.7kmほど。

そこから少しくだって、同様な登山道が続くけれど、景観としては笹が多くなってくるイメージ!


相変わらず雪が降っていて、笹も白く染まるのも一興♪
この標識もそれをよく示してくれてる!

そしてしばらく眺望のない笹道を進むけれど、南沢山の山頂周辺でいきなり開けてくるから!

しかも樹氷が現れて、思わず叫ばざるをえない!!!
先ほどまで雪が降って辺りは暗く包まれていたのに、ここに来ての晴れ!

いやぁ運が良すぎるぞ今シーズン!
ということで一座目の南沢山を制覇だ!

これで阿智セブンサミットは
大川入山・富士見台高原・南沢山の3座!今年中にあと4座行けるかな??

さてまだ時間は早いし、このシチュエーションでさらに歩かないと勿体無い!
ということでまずは南沢山と富士見台高原の中間地点に当たる「横川山」を目指します。
冬の芸術品「樹氷」と中津川方面の展望

これほど見事な樹氷を、小春日和な今日この頃で見られるとは・・・!

いやぁ、進めば進むほど美しすぎる樹氷が広がります。

こちらは春の様相!岐阜側のパノラマが広がって、とても良い眺め!
中津川のトレードマークの赤い陸橋も見えるぞ。

そして横川山方面!
基本的に南沢山〜横川山〜富士見台高原〜恵那山までは、こうした笹原とカラマツが並存するパノラマルート!

中央アルプス最南部の縦走路だ。

景色は良いし、樹氷は広がるし、とても歩きやすいし、最高としか言いようがない!!!

特に私が大好きな樹氷がここぞとばかりに輝いている!!

この頃雪山に登る中で、私が一番好きなタイプの山は森林限界ギリギリの標高2000m弱の山。
具体的に言えば、屋久島の宮之浦岳、四国の剣山、そしてこの恵那山系の南沢山〜富士見台高原など

さて、しかしながら実は、南沢山まではトレースがあったのだが、それ以降は未トレース!
前人未到を行く楽しさはあるが、逆に言えば開拓をしないといけないということ。
急斜面のラッセルが中々体力を使います…💧

いやぁ、今年はなんとかラッセルで乗り切れたけれど、来年はスノーシューないとダメね。
学生時代に比べると、段々と登る山がマイナーかつ雪の多い山へと変わり、ラッセルではもう限界を感じている今日この頃。

登り切れば縦走路の一部始終

雪山ファンなら唸ってくれるだろう極上の稜線です。
晴れていれば、奥に白銀の中央アルプスが望めるのだけれど、さすがに欲張りかぁ〜笑

そして横川山山頂までの斜面が前半のハイライト!
美しすぎる樹氷原が迎えてくれて、思わず立ち止まって見惚れてしまいます。

そしてミニモン級の樹氷がお目見え!

いわゆる「スノーモンスター」と言われる木が丸々雪に覆われたタイプの樹氷は、東北の一部地域でしか見られないのだけれど、それと近いものがこんな場所に!!

しかし、その一方、冬と春のコントラストを見せてくれる景色も。
儚く咲き誇る樹氷の花


冬と春の境界線。

そんな終始素晴らしい景色を横目に進んでいけば、ようやく横川山の山頂へと到達だ!
そして、その先にそびえるのは「富士見台高原」。もう一つの阿智セブンサミット!

さて、この時点で登山開始から2時間といったほど。
まだまだ午前中だし、この天気と雪量なら行けるのではないか!?

まさか考えていなかったが、さらに進むことに!
富士見台高原まで往復縦走して下山すると約17km

久々のロングコース!さぁ楽しみになってきたぞ!!!

さぁ実はここからが本番!まだまだパノラマルートは続いていきます。

〜続〜



ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter