2019年3月6日水曜日

【2019年2月早春の伊豆】強行で天上山登山ツーリング!試練の黒島コースピストン

            

強行で神津島最高峰の天上山へ(黒島コース)

天上山の独特の景観を楽しむも、天気に阻まれる!


ここまで神津島の裏側まで足を伸ばし、迫力ある地形美と圧倒的に青い海、こぢんまりとした早咲き桜、離島に湧く名水など、様々に楽しむことができた!


コンパクトな島なので、走り出したのは10時くらいだが、ここまでで3時間弱。

まだまだ時間がある!そして、空を仰ぎ見れば、青空も覗かせている。

この状況、鬼塚くんと顔を見合せた時には、お互いが頷いた!

「神津島の最高峰である天上山へ登りに行こう」

なぜなら明日も天気は曇りであり、登って景色を楽しむことができるか分からない。今日の天気は雨予報だったけど、今は晴れている!

この幸運な状況、行くしかないっしょ!

正直、補給も底をつき、水分も持っていない状態だったが、挑むことにした!

神津島が見せる広大な稜線の世界へ

多幸湾から自転車でだいぶ標高を上げてきたので、登山口までのアプローチはわずか。
さぁ、今回の旅で唯一の「登山」

離島×登山がこの頃の私のトレンド!もちろん山と言えば、百名山に代表されるように素晴らしい高峰がたくさんある日本だけれど、実は中々注目の的にならない「低山」にも、それに負けない魅力がある!!
(小豆島の皇踏山)

それも、特に離島に!
この頃、登山ツーリングをする中で気づき始めたことです。

さぁはじめから離島特有の木々が少ない植生からか、展望が開ける!

ふと下を見れば、神津島の町と地形と海を見渡す絶景が広がっていて素晴らしい。

標高が低いのにこの高度感は離島ならではだろう!季節は冬なのに、ペースをあげたら汗が出る。
いやぁ、冬とはいえ伊豆諸島は気候的には春だ!

ラストにはゴツゴツした火山の島らしい石が姿を見せ、不思議な雰囲気。

これだけ見れば、相当高いところにいるんだな~と思う風景。

この異質っぷりが、離島の山の魅力でもある。

標高を350mほど上げたら、一旦稜線へ

そしていきなり木々に包まれる道。
先程までの森林限界っぽさとのギャップ!


そして振り返れば・・・!
うわああああ~~~~(ひさびさ)

こんなに広い大地だったのか!先程の森と開けた空間を見渡す風景。
少ししか進んでいないはずなのに、距離感が狂う!

実に面白い山!!

そこから木々はなくなり、表砂漠と言われるエリアへ。火山がつくる特有の山上の砂丘。
そして、この辺りで予報通り天気が崩れてきた。
というもののガスが漂ってくることで、神秘さを帯びてくれる。

晴れてほしかったけれど、これはこれでありかな~!

しかし、山頂は全く何も見えずでした、、、
幸いにも明日があるから、再挑戦誓って進んでいきます。
ここからは雨脚が強くなってきたけれど、不思議とそんなに辛くなかった!
やはり雨のシンドさより、好奇心が勝っていたからだろう。

次第に雨の水滴によってレンズがやられたけれど、ざっくりと雰囲気だけでも伝えられれば・・・

まず山頂から少し裏側へ行ったところにある展望エリア

この稜線が天上山の世界観を伝えてくれる!
石がごろごろ転がっている様は、まるでカルストのよう。

そして、改めてこんな大地が山の上に広がっているなんて、島の麓にいた時は想像だにできない!!

こうやって一風景を写真で切り取ってみれば、標高2000mの山と言われても遜色ない景観だ(言い過ぎ?w)

途中の不動池の数量が、その年の暑さを表すのだとか・・・!
水が皆無なあたり、昨年の夏の酷暑ぶりがうかがえる。

そして再度奇岩が乱立するエリア!

ダイナミックかつどこか物々しい雰囲気のなか進んでいく感じがたまらない・・・!

そして突如広がる裏砂漠への景色変化!
下山する頃は土砂降りに変わる天気。
ここからが苦行だけど、一心不乱に降りるしかない!
強行で行った天上山登山、なんとかギリギリのところで踏みとどまる山行となった。

結果として、翌日も違う登山道から天上山へ登るので、景色はそちらを参照に!

とはいえ、荒れた山は山で一興というところ。
こういう少し過酷だった経験が、旅のスパイスとして強く印象に残ったりするものなので。
(かつて自転車旅&登山で訪れた屋久島)

登山道に出てから、雨の中漕ぐ自転車で、さらに冷え切った身体には


暖房が効いた部屋はとてもありがたかった!30分前に到着の連絡をしたところ、民宿の主人が、気を利かせてくれて待っていてくれました。

また濡れた衣類を乾かす部屋まで提供してくれて感謝しかない!

部屋について驚いたのは

テレビ画面がライブカメラ仕様になっていること!
どうも船の就航はその日の天気次第で決まるらしい!

つまり明日帰れるかは、明日にならないと分からないということ。
いやぁ、とんでもねぇところへ来てしまっただ(笑)


晩御飯は島で人気の中華へ!
「島で中華かよ!?」って思われるかもしれないが、総じて離島では、お昼は良いが、夕食は食べる場所が極端に少ないのが実情だったりする。

そしてここでご一緒させてもらった漁師さん?から、風向きから天気の予測の仕方を教えてもらった!

今日の風向きからは、地元民は山に近づかないという・・・(笑)
しかし、明日は青空も覗くはず!とのこと。
楽しみだ!!

さぁ伊豆大島→神津島への大移動に加えて、島を大いに楽しんだけれど、試練も待っていた2日目。
さぁ、ここで旅も折り返し!明日も神津島の天上山へ。

明日は山頂からの景色が見られるといいな!!

〜続〜

ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter