2019年3月11日月曜日

【2019年2月早春の伊豆】リベンジの天上山!白島コースを登り見る伊豆諸島の大展望

            

天上山を堪能し尽くした神津島2日目!

天上山山頂からの絶景!!


早朝、明るくなる前から支度を始める。

旅において、時間をフルに使う日は、日の出前に出発、日没後にゴールが基本!

ちょうど今日がその日。
まさに旅の山場の日だ。

さぁそれでは、まずは登山口までのヒルクライム!
日中は暖かい神津島も、朝はさすがに寒い。

ということで丁度良いフォーミングアップなったかな♪
けれど離島は激坂の連続だから決して楽ではなかった・・・笑

さぁ登山口に到着したのは6時ごろ。日の出はまだだけれど登り始めよう!!



進めば進むほど
遠く離れた離島の、手付かずの自然、それも早朝という、日常から離れたシチュエーションにワクワクしていく!

うん、昔の屋久島に行った時と少し近い感覚だ。

この高揚感が、登山ツーリングの旅の醍醐味だったりする!
冒険感が普通の旅と桁違い!!

前半は木々に覆われている森を進み6合目へ

実は天上山に最も近い舗装路が来ているこの場所。
6合目と言いながら、実は白島登山道のもう一つの登山口でもある。

ここを乗り越えたら、山頂まではあと少し!
さて、最初はさっきまでと変わらない木に囲まれた道だったけれど、いきなり現れるから・・・!!


うわぁぁぁぁあああああああああ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

眼下に広がる神津島の海・地形・そして山!!
スケール感のある、この山唯一無二の景色が思いっきり飛び込んでくるから、叫ばざるをえない!

ましてや、昨日の天気からの回復だ!



テンションが上がりっぱない!
そうして白島コースの稜線へ!!

ここから時計回りで最高峰の天上山を目指します!
昨日ガスで見そびれた新東京百景の選定場所を楽しみ♪

それにしても、やはり神津島の上に広がる地形がすごい!

荒涼として広がる岩肌と低木の世界。
「天上山」と名付けられたのもうなづける!

それほどまでに天地の差がある島の麓×山上の風景の差だ。


すると、目の前にはそんな感想を象徴する光景が!
八丈島が金色の朝日に照らされる情景・・・。

しかし、まだまだ怒涛の絶景は終わらない!

伊豆諸島を一望する展望岩が素晴らしさすぎた!!

「神津島アルプス」とさえ名付けたくなる洋上の稜線!!

木々がなく展望が開け、荒涼としていても緑が広がり、その様はカルストのような雰囲気を見せる。
この景色が「神津島」という孤島の上に展開しているだなんて・・・!
写真でこのスケール感を伝えられるのはこれが限界!!!

そして新百景選定地は、伊豆諸島が浮かび上がる幻想的な風景。

天上山を形成する不思議な石たち①
天上山を形成する不思議な石たち②


そして二度目の山頂は・・・

 うわぁあああああああああああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!

 この山岳美と海の世界を見たかったんだよ!!
昨日見られなかった天上山最高峰からの展望に感動・・・。

動画もあります!

天上山を形成する不思議な石たち③

昨日は何が何やら分からなかった裏砂漠へも!
 九重連山を連想させる世界観。

冬季も緑あふれる天上山!
 黒島登山道のこの高度感が好き!
まさに海に飛び込んでいくような9合目付近

前浜のこの青さよ・・・!!
ということで昨日雨で満喫できなかった分、思いっきり天上山の世界観を味わうことができた神津島2日目の前半となった!

しびれる景色の連続で、離島にある山の可能性というか、また違う世界へ足を踏み入れる感覚。
離島を旅する時こそ山を狙いたい!!そう再確認するのに、十分すぎる山だったと思う!

いやぁミクロな視点で見れば、離島が多い日本という国は何て魅力的な国なのだろうか!?

〜続〜

ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter