2019年3月1日金曜日

【2019年2月早朝の伊豆】旅の魅力が詰まった後半戦!(三原山ヒルクライム&大島一周)

            

1日目後半は伊豆大島を激走!三原山を登り、島ほぼ一周を4時間で!!



午後13時すぎ、およそ1時間弱の船旅を終えて、ようやく伊豆大島へ到着だ!
今回のツーリングの第一目的地。

このブログ名の通り、山岳ステージ(登山も含む)が大好きな私だが、少々この頃テイストが変わってきた!
というのも、とりわけ山へ行けば行くほど、その反動だろうか?

無性に島に行きたくなる!
ということで、今回の自転車旅は「伊豆大島」と「神津島」という二つの島が旅の中心になってしまった。

どんどん自転車旅らしくなくなってきているが、気のせいだろう・・・笑

 今日お世話になる民宿に荷物を置いて、さぁ出発!
急がなければ・・・!!

というのも、2月から熱海→伊豆大島の旅客船・フェリーの時刻表が変わり、昼過ぎしか伊豆大島へ入れなくなり、日没時間は17時半。

正味4時間しかなく、伊豆大島へ滞在するのは今日1日!
限られた時間でいかに大島を楽しむかが鍵になってくる。

個人的な思いとして三原山ヒルクライムと大島一周と、断層も見たいし・・・
となれば、既にキツい予感しかしない(笑)



まず立ちはだかるのは


伊豆大島の中心部にそびえる三原山!
海抜0mから標高差600m弱まで「御神火ライン」という最短のルートを駆け上がる!

ヒルクライムの大会に使われる道だけあって綺麗で登りやすいが、中々な激坂!!

 景色は良いけれど、私の相棒のうつ向き具合をみれば、このコースがどんな感じか分かってもらえると思う(笑)

みるみる標高を稼ぎ、町と海を見渡す眺めは、どこか私の好きな小豆島と似ているかな?

ラストになるにつれて斜度が上がっているのは、気のせいですか、、、!?

そして、スタートから1時間弱、ようやくゴールだ!!

やはり海から山というコースは、総じて大変だけれど、その分ゴールのときには達成感がある!

それにしても、そこには先ほどの景観とはまったく違う、荒涼たる火山と砂漠の風景が広がっていた!
麓の町からは、決して望むことのできないクレーターのような地形。
これが島の上にあるなんて信じられない。

そして、これが行政上、東京都の景色だなんて・・・(笑)


本当は登山もしたかったけれど、時間がね💦
また来ることはあるだろうから、その時に!

それではサクッと島の東側へダウンヒル!

これまた高度感ある景色が広がって清々しい!
冬というのに、清々しいとはさすがは伊豆諸島だ♪

新展望台も中々のスケール!

東京唯一の砂漠と言われる景観がよく分かる。

途中で、お馬さんと戯れる(笑)

そして下の伊豆大島一周道路へやってきた!
しかし、ここで問題が、、、

実は先ほど三原山をヒルクライムし終えて走り出したときに、相棒の鬼塚くんが突発性神経痛?に見舞われて、両脚の太股に猛烈な痛みが
出ているとのこと。

このまま一周は難しいということで、別プランを取ることにした!
私はこのまま大島一周を狙う!

これが予想以上のアップの連続で、中々堪えた!分かれる間際に鬼塚くんからもらったカロリーメイトに救われる。


大島の東側(特に)、というか全体で
補給できるところが少な過ぎ問題!

そして一周道路と言えど、展望がないので、坦々と進むしかない。
しかし、走り応えはあるし、ある程度走れるサイクリストなら楽しめそうというところ!


そしていきなり海に出るもんだから・・・!!
スカイブルーの海が飛び込んでくる。

そして「筆島」と言われる景勝地へ


本当に面白い形に削られた岩!そして背景の最果て感ある断崖がまた味がある!!
結果的に、大島では一番好きな区間だったかな~

特に気になったのが、海を前にした十字架!

大学時代にキリシタンを研究していた身からしたら、堪らない!

伊豆大島含め、伊豆諸島はキリシタンの流刑地でもある。
今年のGWの五島列島の旅でも「キリシタン」がテーマの一つだから、楽しみでならない!

その布石となる十字架となる風景でした。

そしてあとは、南部を走って、大島の西側へ

少しばかり道は落ち着くかと思いきや、まだまだアップダウンは続く!
日没も迫っているが、良いペースを維持できるているので心配はなさそう。



大島の特徴である断層の道を走り抜ける頃、ちょうど日没といったところ!

そして、左手の海をみれば
富士山!!昼間は姿を隠していたその姿がくっきりと出ていた。

そして、夕焼けというシチュエーションも相まって、感動。

しばし立ち尽くしたら、ラスト区間!
今日のお宿「民宿 椿山」に着いたのは17時40分、約4時間だ。
このゴールしたときの達成感が飛びっきり!
これぞ自転車旅の醍醐味だよね♪

普通の民宿なのに、サイクルラック完備で驚きw

そしてお風呂で温まったら、待ちに待ったご飯!この民宿、ご飯が美味しいと定評ということで、実はこれが一番の楽しみだったかも!?
特産の金目鯛を中心にしたご馳走の数々

民宿でこのお刺身盛り合わせとは歓喜!

あげたての黒はんぺん(静岡の郷土料理)が美味!

最高に旨いユッケ丼!

大島で捕れた海産物のほとんどは、東京で卸売りされるため、大島で食べるのは中々難しく、民宿の多くは、地元のものをあまり出せないのだそうが

地域のものを食べたい!

という旅人の声に応じて、赤字ギリギリでもこうした豪華な料理を出してくれているのだそう!

本当にありがたい限りだし、こういう日本各地の人の温かさに触れるのも、旅の醍醐味だったりする。

旅の一日目から、景色・道・食・人
旅の様々な要素を満喫できた!
さぁ、明日からはどんな旅になるのだろう?と心を踊らせて、就寝です。

~続~

ブログランキング・にほんブログ村へ

2 件のコメント :

  1. おはようございます。
    先ずは前回記事へのツッ込みから・・・

    (ライス大盛250円増しは、○ッタクリや!)

    いや、それは言い過ぎ・・・
     

    (旅人の足元見過ぎや!)

    ・・・

    それがいわゆる○ッタクリですね(笑)

    ていうか、伊豆大島、以前宿泊した宿でも話題になってました。

    (あれは東京では無い!)

    みたいな扱いだったのですが(それも言い過ぎ)、写真をみて納得です。

    快適ヒルクラからの海沿いの快走路、断層、富士山見える!止めに金目鯛の刺身からのユッケ丼!

    いや~ええ島ですね。

    これが新緑や紅葉の時期だったら、さらに魅力的なんでしょうね。

    あ~旅したい・・・
    早く最低気温2桁にならないかな・・・

    でわでは、今日も良い一日を!

    返信削除
    返信
    1. ライツボさん

      それは少し思いましたね(笑)
      さすがに250円は・・・!

      とはいえ、ここでしっかり補給しておけたので、伊豆大島を最低限の補給で走りきれたと言えるかもしれませんが

      確かに伊豆大島は良い島で、存分に楽しめましたが、おっしゃる通り新緑の時期、特に春の桜の時期が素晴らしいみたいです!
      小豆島みたいですね♪♪

      また海もきれいなので夏でも行ってみたいところ。
      日本各地き行けば行くほど、他シーズンのその地の風景を見てみたくなります。
      旅は深いですね~!

      にしても、小豆島ヴィラはまだ最低気温一桁なんですね(^o^;)笑
      さすがと言ったところ!
      私も早く春の小豆島を訪れるのが楽しみです♪

      削除

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter