My Best Contribution

【総集編】登山ツーリングで会った日本の山景30選

2019年1月26日土曜日

【冬の東北・山形旅④】秘湯・銀山温泉の情緒を味わい尽くす充実の時間

            

こじんまりとした温泉街の奥ゆかしさ『銀山温泉』満喫プラン!!



実は、今回の旅行。発端はこの銀山温泉にあった!というのも、彼女から「ここに行ってみたい」という提案があったのだ・・・!

そこから蔵王キツネ村が加わり、私が希望した蔵王スノーハイクが加わって形になった。
まさに最終目的地と言える場所。


着いた時には、思わずオぉ〜〜〜〜となった!!

都市部から離れた秘境感漂う場所に、いきなり温かみのある温泉街が佇んでいるのだ。
エリアとしてはとても小さいのにもかかわらず、そこに趣が集中していて、気づいた時にはカメラを構えていた。

点々と灯っているガス灯、川の側から吹き上がる湯煙が味をつくる。
建物に雪がどっさり被っているのも豪雪地帯の東北ならではで、それが周囲の光によって浮かび上がるよう!

銀山温泉には15ほどの旅館があって、そのどれもが前時代の雰囲気を漂わせるものになっている。


これぞ古き良き日本の姿!そう言わんばかりにどっしり構える建物たちは見応え抜群だ!!
特に奥へ行けば行くほど、迫力を増していく。

奥にある能登屋旅館が風格ある佇まい!
今日のお宿は、そんな大きいお宿に囲まれた中で隠れ家みたいな場所だ。

「旅籠 いとうや」さん
おしゃれな暖簾が特徴的!

さて、なぜ数ある民宿のうち、このお宿を選んだかと言えば、二つのポイントがある!!
まずは①1日4組限定のお宿で、人が多くて混み合うことはなく、ゆったり過ごせるから。

先ほど写真で出したような旅館の多くは、大人数を収容することができ、団体客や外人がとても多いのだけど、このお宿は違う!

そして②予約殺到のところ何とか予約できたから。
これは難しいところだけど、銀山温泉の多くは2ヶ月前から予約が開始される。
けれど、馬鹿正直に2ヶ月前に予約すると痛い目を見ます!

ちょうど2ヶ月前にあたる日の早朝7時に電話予約したら、どこも満室・・・!!
必死の形相で探したのが「いとうや」さんだった。

幸いに旅行予約サイトにあまり取り上げられておらず、最後の一室を確保できた!



しかし、この宿で本当に良かった!!
ゆったりとして暖色系でまとまった客室、コーヒーを飲んで一服できる談話室、貸切で入り放題の2つの温泉・・・etc

4組限定だから、気の向くままに宿のサービスを満喫することができる。
慌ただしさなど皆無で、宿の中では大変心地よい時間を過ごすことができました。
最高にプレミアムだ・・・!!

そんな「おもてなし」を極めつくした宿は、もちろん食事も素晴らしい!



色彩そして、素材の味を生かして作った割烹の数々


食前酒が「さくらんぼ酒」という辺り、山形らしさを感じる!
最高な宿の食前酒は最高にうまい!!
これは今までの旅を踏まえた経験則。四国の時の山桃ワイン が然り!

これまで泊まってきた宿との違うところは、コース料理ということ!!
私たちが食べ終わったら次の皿を出してくれる。

少人数限定の宿でしかできないこのサービスの満足度はとても高い!
 私たち絶賛の、庄内浜で採れた「ふぐの唐揚げ」
魚にもかかわらずすごくジューシーで、口の中で旨味がじゅわ〜っと広がる。

その中で一番の目玉は「尾花沢牛のしゃぶしゃぶ」

これが半端なく美味しかった・・・・!!
赤身と脂身のバランスが秀逸で、巨大なお肉を一人10枚ほど、しゃぶしゃぶして口へ運ぶと、とろける美味しさ・・・。

思わずほっぺを押さえて、うなってしまうほどの旨味!
あぁ〜良き良き。

〆が驚いた!山形の名物の一つらしい「冷たいラーメン」

この季節に!?と思ったけれど、逆に、寒い冬に暖かい部屋で頂くからこその贅沢だ。
冬にこたつで温まりながらアイスを食べるのと似ている。

優しい出汁に、シコシコの麺がよく合って大変美味しかったです。


和の割烹料理、冷たいラーメン、そして洋風のデザートという新奇を衒ったコース構成も面白い!w
食事にしてたっぷり2時間も満喫させていただきました。のびのびと、そしてゆったりと過ごす時間、とてもプレミアムでした。

 食後は、再び温泉街へ繰り出す!



先ほどは人でごった返していた銀山温泉も、落ち着きを取り戻していた。
この時間が一番温泉の情緒ある景色を楽しめるから良い。(寒いけど)

やはり見れば見るほど、この場所が好きになる!
 今までそこそこ温泉地を回ってきた私だけど、ここだけは趣が格別。

贅沢な温泉街の夜を堪能し尽くした2日目後半でした。 

朝もまた違った風情がある銀山温泉

朝だ!鳴り響くお腹とともに起きる!笑
前日、夜まで活動していると翌日こうなるのは旅あるある!(あれ?蔵王の時も言ったっけ?w)
朝から、このご馳走ぶりに歓喜!!
京都のおばんざいを彷彿とさせる、おしゃれかつバラエティーに富んだラインナップ!

朝からこの品数は嬉しい。

さて、朝食を食べたら、温泉に入って、しばし朝の銀山温泉散策を開始!


驚くは、夜の銀山温泉と様相が全く変わるということ!
光に包まれた華やかな雰囲気から一転して、質素な佇まいに落ち着くというか、周囲の景色が出てくることで一気に秘境感が増して、「あぁ・・・ここは東北の町なんだ」という旅情が高まる。





青空が大変心地よく、パリッとした寒さが身を引き締めてくれる。
青空を映し出す街灯・窓・氷柱など、こんなにも相性が良いなんて・・・

そんな中、いきなり「どすっっ!』と音がしたかと思えば、どうも雪かきをしているよう!
東北の町では日常なのかもしれないが、私たちにとってはこれも非日常のイベントだから、思わず見入ってしまう。

そんなこんなで気付けばお昼前になっていた。
せっかくなので、銀山温泉で食べることにしよう!!

お邪魔したのは「伊豆の華」さん。銀山温泉が誇るそば処だ。

一回の二階の席があるけれど、二階からの眺めが素晴らしかった。
銀山温泉の街並みそして、先ほどの雪かきを見ながら頂く名物の「揚げ茄子おろしそば」が美味しかった。

コシがあって、のどごし良い、あっさりとした蕎麦に、少しこってりとした茄子がよく合ってくれる!
朝ドラの「おしん」でも登場したおしん飯は、野沢菜の葉で、野沢菜飯を巻く郷土料理。

さぁ、お昼も食べたことだし、そろそろ出ようかな〜というところ!!

朝も夜も、そして宿も街並みも、すべてを満喫することができた銀山温泉だけど、それでも名残惜しい。そんな魅力あふれるこの場所。
大好きになったし、また行ける日があればいいな。日本には再訪したい場所が多すぎる!!

〜続〜

ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter