2018年9月12日水曜日

【総集編】登山ツーリングで会った日本の山景30選

山の景色を求めてた私の自転車旅!!

新百名山・函館の果てにある恵山

私がクライマーに目覚める契機となった『小豆島四方指』

滋賀にある秘境峠『おにゅう峠』


くじゅう連山を冒険!

こんにちは、ゆうへいです。
暑さも多少やわらぎ、夏の終わりが始まりつつある今日この頃!

しかし、これから登山のベストシーズンへと入ります。
過去を参照すれば、例えば・・・

9月~10月 低山・アルプス

京都の奥座敷が魅せる緑の稜線美と京都市街

10月~11月 紅葉

乗鞍エコーラインの紅葉

12月~3月 雪山

超級の石鎚山への雪山登山ツーリング

いやぁ楽しみすぎる!!!
これからどんな山の世界が待ってるんだろう・・・。

と山にハマっている私ですが、この頃は単なる登山ではなくなってきている!!
関西の屋根『大峰山系』を横目に大台ヶ原登山ツーリング

それは『登山ツーリング』だ。

元々、バイクに乗るライダーの人がツーリングがてら登山をすることを指すことが多いけど、私の中の登山ツーリングとは『自転車旅をしながら登山をすること』を意味します!
東北の森林限界『八幡平』

その登山ツーリングの様子や、これまで出会った山の風景を、写真から伝えてみようっていうのが本記事の目的だ!

登山ツーリングで出会う景色

西日本最高峰の石鎚山を制す

自転車で走りながら、峠を越えて山に登る!!
そのとき、その山ならではの絶景に遭遇することが多々ある。

この瞬間の感動は筆舌しがたいものがあります!
こうした景色に出会いたくて、旅をしていると言っても過言ではない。
国道220号から見る桜島

例えば、それは山麓を走っているとき。
その地のアイデンティティーとなっている山の雄大な風景を見渡すライド!!
ミルクロードの草原から阿蘇山を望む

このときの爽快感は、素晴らしいものがある。

その中でも特に、
①これから登山して、その山頂へいく時
②さっきまでその山頂へ居て、下り終わった時

自分はあんなに離れた別世界に行く/居たのかと陶酔感に浸ることができる!
石鎚スカイラインから見る西日本最高峰

この時間が個人的には堪らない!!
自己満足の時間です(笑)

さて、また一つは、ピークに達したとき。
これは、言わずもがなだけれども圧倒的な感動がある!
日本一早い紅葉を見に大雪山登山ツーリング

洋上のアルプス・屋久島の頂へ

九州の屋根『くじゅう連山』の頂点へ

その頂へ自力で辿り着いた達成感と相まって、旅を忘れられないものにしてくれる。

登山ツーリングでなければ得られない充実感があると確信しています!!
特に登り切った先に樹氷の雲仙普賢岳山頂には感動した・・・!!

そして、登山ツーリングの一番の醍醐味と言って良いのが、ふとした時。
オンロードか登山道かにかかわらず、何気なく止まった1コマ

突如、言葉に出来ない美しい景色に出会えたりする!
自転車で行ける国内最高峰の紅葉

四国アルプスとUFOライン

雲海のなか佇む岩手山

小豆島から見る雲海の瀬戸内海

四国の隠れた絶景『風の里』

型にはまらない絶景との出会いがある。

分かりやすく言えば、登山もしくは自転車だけでは体験できない世界を連続して味わえる!!

独立しがちな両世界を結び付ける。
道南の秀峰・北海道駒ヶ岳

その結果、一気にアドベンチャー感が増すだけでなく、絶景に意表を突かれる可能性が上がる!!

そして思わず叫びたくなるような、圧倒的な感動がある。

例えば、先日の北海道旅にて・・・

さっきまで湖岸を走っていたはずなのに、気づけばその湖を俯瞰する絶景の山。
美しき支笏湖を眺める樽前山

そして特に、登山オンリーでは味わうのが難しい『道の素晴らしさ』
雲海の乗鞍スカイライン

日本が誇る牧歌的世界・四国カルスト

渓谷美の島『小豆島』の寒霞渓ブルーライン

私は自転車旅を始めてから、道と景色が織りなす絶景が大好きになった!!
人工物と自然という相対する要素のはずなのに、それが見事融合する・・・。

そして、同時に自分が走った軌跡をも残すことができる。

自分がそのまま走った地の絶景をコレクションにしていく感覚が堪らない!!
大崎上島の神峰山ヒルクライム

そして最近ハマっている方向性がある!
十三峠の水呑地蔵から見る夜景

夜景登山ツーリングだ!(ツーリングという程でもないが・・・笑)

私が以前まで住んでいた大阪では、積極的に登山をしたいという山がほとんどなかった…
但し、ふとしたことから夜になると話は別になるということを知った!

大阪や京都などの大都市と、そこに近い開けた低山が多い故に、普段はそこまで面白みのない山が化ける!!
関西三大山夜景に分類される『大文字山』

登山ツーリングは、また新たな方向へと派生しつつある。
これが近場でなく、旅で行うことができたら完成形かな?と思っています!

以上、写真を厳選し『登山ツーリング』の醍醐味を語ってきた。
私の旅スタイルにして、我ながら至極の形だと自負しています!!

これからもさらなる絶景との出会いを求めて、さらに山へ登って行こう。

〜完〜

にほんブログ村 アウトドアブログへ


0 件のコメント :

コメントを投稿

Twitter

自己紹介

自分の写真
名古屋市, 愛知県, Japan
1993年生まれ、愛知県豊田市出身。絶景を求め、一眼レフを担いで走って登る山岳自転車旅ブロガー。 大学生のときに始めた自転車旅にハマり、サラリーマンをしながら全国各地を旅しています。