2018年9月30日日曜日

【総集編】各地の『これは食べた方がいい!』チャリダーの補給17選

            

自転車旅で大事な食要素!今回は『補給』という側面から考えてみました。

青森にある『エンゼル』の圧倒的ボリューム補給!!

こんにちは、ゆうへいです。
先日、信州へ自転車旅に行ってきましたが、すっかり高地は秋を迎えていますね!
今年は例年に比べて猛暑だったからか、秋も早いようで、既に紅葉が見頃を迎えています。

その中で、ありきたりではあるけれども『食欲の秋』ということで一稿執筆してみようかと!!

自転車旅の中でグルメについては少し書いたことがあるけれど、あくまで旅先のグルメということであって、チャリダー目線か?と言われれば、全てがそうではない。
ただ、私が食べて美味しかった旅先のグルメを紹介してきただけ!

というわけで、今回はあくまでチャリダー目線=『補給』という側面からアプローチしてみたいと思う。

具体的には
【ガッツリ系メニュー】=圧倒的補給グルメ
【携帯食】
【デザート系】

なんかを対象として、これまで旅先で出会ったグルメを紹介してみたい!!
現地を訪れる際には、ぜひ試しに食べて欲しいものばかりです。


チャリダーの胃袋を満たす絶品補給


旅をしている時、特に山を登ったり、峠を越えて長距離を走る時などは、かなりカロリーを消費する。
お腹がペコペコで、いくらでも食べられる状態になることがよくある!

そうした際に、チャリダーの救世主的存在になり得るガッツリ絶品メニューが各地に存在するので、そこからオススメのメニューを幾つか紹介していきます。

小浜のわらじカツ丼(福井県/小浜市)


福井県の西側、日本海に面した小さい港町に、ツーリストに人気のお店がある。
『こだま食堂』と言って、福井名物「ソースかつ丼」を代表する名店だ。

何と言っても特徴はそのビジュアル!
巨大なわらじかつが丼をはみ出して堂々と乗せられている。

しかし、その魅力は見た目だけじゃない!
外見はサクサクで中身はジューシーで最高に美味しい。

しかも、それに加えてカレーや味噌汁、コーヒーなどがお代わり自由という、まさにチャリダー天国のようなコスパを誇るお店!!

鯖街道を走り終えた後に立ち寄るのがオススメです。

場所はこちら



香川の讃岐うどん(香川県/小豆島)


「うどん県」と呼ばれる香川、もちろん本土にもいっぱい美味しいうどん屋さんがあるのだが、ちょっと変わり種を!

取り上げるのは、小豆島の土庄港付近にある『おおみねのうどん屋』さん
もちろん、讃岐うどんならではのリーズナブルさに加えて、特盛まで注文できるボリュームが嬉しい。

そして最大の魅力は、長命草やオリーブ牛など地元食材、香川県産小麦「さぬきの夢」を100%使用した素材へのこだわりだ。

旅先の名産物をお腹いっぱい頂ける幸せこそ、旅の補給において至上の幸福だと思います。

場所はこちら



鹿角ホルモン(秋田県/鹿角市)


先程のわらじかつと同様に、鹿角と言えば幸楽さん『ホルモン』と言わんばかりの地元の超有名B級グルメ!

いわゆるジンギスカンと同様で、側面に野菜や豆腐を入れて、そのあとに上部でお肉を焼いていくスタイル。

味がすごく濃そうなんだけど、それほどでもなくて良い塩梅!
弾力ありジューシーなホルモンは一人前でも結構な量があり、リーズナブル!!

シメのうどんまで頂けば、圧倒的な補給ができるからオススメ!

場所はこちら



カンパチ漬け丼定食(鹿児島/鹿屋市)


鹿屋市にある小さな漁港の食堂『みなと食堂』さん
こちらで食べたカンパチの漬け丼定食は、満足しかなかったのを思い出す!!

あまりに美味しすぎて、その時の南九州の旅では屋久島への行きと帰りの2回立ち寄りました。

丼は新鮮なカンパチの刺身がたくさん乗せられており、大盛りご飯と食べ応え抜群!!
しかもデフォルトで煮付けがついていることが嬉しい。

ここぞとばかりに海鮮を楽しみ尽くす定食で、桜島なんかに走りに行く時に立ち寄って欲しいお店。
運が良ければ、漁港周辺で鹿屋体育大学の自転車競技部とスプリント対決できます(笑)

場所はこちら



ライダーハウスリパパ亭の朝食(熊本県/南小国町)


阿蘇市の北にある南小国町にある名物ライダーハウス『リパパ亭』
ここはライハにしては珍しく、二食付きのプランがあって、どちらもすんごく美味しいので、そのプランで宿泊をお勧めする!

その中で、この朝食はまさにオーナー夫妻の旅人への思いやりが現れた絶品かつボリューミーな内容!

自家製のパンを4つと、肉、野菜、卵、スープ、果物、ヨーグルト、コーヒーという充実度!!
しかも、これが本当にたまらなく美味しいのだ。

阿蘇に行く際には、また必ず立ち寄ろうと思う名店!

場所はこちら



いろは食堂のバイキング(高知県高岡郡津野町)


高知県の山間部にあるバイキング形式の食堂。
私たちはたまたま入ったのですが、これがチャリダー的に大正解のお店だったので取り上げざるを得ない!

なんと1000円程度で、地元の食材を使った手料理がたんまりと食べられる。
その中で特に美味しかったのは、揚げたての唐揚げ!!

すごくジューシーで良い味が染みてて、一緒にいた3人が揃って絶品と頷いたほど!!!
その他にも、旅で不足しがちな野菜などもたんまり取れて栄養補給満点。

最高の食堂でした。

場所はこちら



焼豚玉子飯(愛媛県今治市)


サイクリストの聖地『しまなみ海道』へ行くと必ず寄ってしまうB級グルメが焼豚玉子飯だ!
構造はいたってシンプルで、タレの染みたご飯の上に焼豚と目玉焼きを乗せるだけ!

なのにもかかわらず、口の中を圧倒的幸福で満たすような、掻き込まざるを得ない強烈な旨さを誇る。
疲れた身体へ急速に補給したい時には堪らない!!

私のオススメは一番人気の白楽天さんだ。

場所はこちら



チャリダー必須の携帯食編


自転車に乗り、自分の体力を使って漕ぎ進めるチャリダーにとって必須なのが携帯食!
いかに食べやすく、サクッと胃袋に入れられて、コスパが良くカロリーが取れるかが重要になってくる!!

私の自転車旅でも1日5食くらいではないか!?というほど、何か食べているけれど、携帯食が占める比率が高い!
ここではオススメの携帯食を紹介していく。

信州のドライさるなし(長野県)


冷涼な高地のみで栽培できるキウイフルーツの原種の「さるなし」をドライフルーツにしたもの。
独特な香りと酸味がありながらも、甘く美味しい。

鉄分とビタミンが豊富で旅から帰ってきた人が、これを食べればもう一度すぐに旅に出られるというほど即効性がある補給食だ!

セイコーマート(北海道全域)


はい!北海道のキングオブ補給として君臨するのは『セイコーマート』です!

旅人はご存知の通り、北海道ナンバーワンのコンビニチェーンで、道内の至る所にある。
故に、北海道自転車旅の際には、幾度となくお世話になりました!

しかし、これがただのコンビニではないのだ。
その正体は、地元ファストフードの宝庫で、限定メニューが数多く展開されている!

特に、北海道限定の各種おにぎり、プリンやシュークリームなどスイーツ、2ℓ150円のスポーツドリンクなどなど、オススメの携帯食の宝庫です。

外海のかんころ餅(長崎県)


元々は、米が育たない環境の中で、いかに炭水化物を摂るか考え食べられてきたサツマイモのお餅。

非常にモッチモチした食べごたえが魅力で、一パックでこのボリュームとコスパが非常に高い!
携帯しやすく、ガッツリ補給できるのでチャリダー向きのお菓子です。

長崎に行って見つけたら必ず買うようにしています。

石鎚のウドの芽の天ぷら(愛媛県/今治市)


石鎚山麓を走っていた際に見つけた屋台にて購入!
おそらく年中やっていると思います。

このウドの芽の天ぷらは200円ほどにもかかわらず、ボリューミーで、サクッとお菓子感覚で食べられるのが魅力!
癖のある香りだが、それ故に食べる手が止まりません。

やはりヒルクライム後に食べたいデザート編


チャリダーにとって、ライド中の楽しみの一つが、このデザートを楽しむ時間!
汗をかいて走り、ようやく着いたゴールで冷たくて甘いアイスを食べる一時はこの上なく幸せだ。

ここでは、そのオススメを厳選して紹介しようと思います。
もし、現地に行かれるようであれば、ぜひ食べてもらいたいものばかり。

四国カルストのソフトクリーム(愛媛県/久万高原町)


今まで食べてきた中でも一二を争う美味しさソフトクリームがこれ!
もちろん味は甘いのだけれど、あくまで素材の純朴な甘さという感じで、全くクドくない!

四国カルストへヒルクライムした後のご褒美として格別です。

場所はこちら


小岩井農場のジェラート(岩手県/盛岡市)


岩手県の小岩井農場内で食べられるジェラート。
もちろんミルクの美味しさは折り紙付きだが、そのミルクを使用したヨーグルトも最高でした!

僅かな酸味がありながらも、まったりとした甘さもある。
そしてミルクとヨーグルトを混ぜ合わせると至上・・・。

場所はこちら



小豆島のジェラート(香川県/小豆島)


季節ごとに小豆島の様々なフレーバーのジェラートを提供する『ミノリジェラート』さん
特にフルーツのラインナップが多くて、さっぱり系好きには堪りません・・・。

その中でオススメはフレーバーは、やはりオリーブ!!
ミルクの甘さの中にオリーブの香りをダイレクトに感じられる逸品だ。

場所はこちら



六花亭の杏仁豆腐(北海道全域)


北海道の有名なスイーツチェーン六花亭からは、マイナーだけど杏仁豆腐を紹介します!
正直、マルセイユバターサンドなどの鉄板メニューがあり、その陰に隠れつつありますが、これが本当に絶品!

トロトロで思わず飲み干してしまうほどの最高のスイーツ。
一度ご賞味あれ!

ガラナソフト(北海道七飯町)

北海道七飯町の道の駅限定の『ガラナソフト』
旅先で、かなり運動して汗をかき、甘いものより少しさっぱりしたものが食べたい!
ってことはないでしょうか??

そんな時に、このソフトクリームはぴったり!
上に乗っているパチパチも良いアクセントです。

場所はこちら




以上、あくまで【補給】という観点から旅グルメを再考してみました!!
この記事を見て旅先で訪れてくれると嬉しいです。

〜完〜
ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter