2018年8月28日火曜日

【2018年8月とざつー部】京都グルメと大文字夜景・金比羅ハイク

とざつー部の夏は、よりアクティブに!!
自転車×グルメ×登山×ナイトハイク×テン泊してきました。

大文字山で夜景を見ながら「大の字」

金比羅山から見る京都が美しすぎた・・・。

私の大好きな『極鶏』の赤だく!半端なく美味いラーメン(辛くないよ!)

関西最後のイベントとして最高に満喫してきました!!
今思い出しても、あの興奮と陶酔感は忘れられない・・・。

私が東北道南旅を行う前の話、本当はテント泊の練習として、とざつー部のみんなでどこかに行くはずだったんだけれど、生憎の雨がかぶってしまった。

ということで、もう練習じゃないけれど、旅を終えた8月末に行うことに!!
行き先は迷ったけれど、私が関西にいるのもあと1週間で、大学時代に過ごした京都を久々に再訪したいと思っていたので、真夏のサイクリングロードを走って行ってきた!

ということでグルメから!
まず行ってきたのは京都のラーメン激戦区「一乗寺」の人気店『極鶏』さん

鶏を丸々煮出したポタージョのような特濃スープが売りで、学生の頃から何度もお世話になっている中毒性の高いラーメンだ。

そして味・量・サービスの三拍子揃っているところが評価が高い!
現に今日も、開店は11時半からなのにもかかわらず、暑い中早く来てくれたからということで11時にはお店に入れてもらえた。

本当に良いお店だと思う!!
私が頼んだのは、やはり「赤だく」

ベースの「鶏だく」の上に唐辛子をここぞとばかりにまぶした逸品。
さぞ辛いんではないか??と思うと思うけれど、全然辛くない!

むしろ鶏の旨味を引き立ててくれる良い塩梅。
いやぁ旨すぎてご飯を2杯もお代わりしてしまったよ!笑

そして、一年に二回ほどの頻度でしか来れていないけれど、店員さんに覚えてもらっているのが、ささやかながら嬉しい。

いつもありがとうございます!また来ます。

続いて、同じ一乗寺地区のスイーツ『一乗寺中谷』さん

ここも学生時代から何度も通う大好きなお店。
和洋折衷という独自のスタイルを持っていて、この「ざるわらび」も例外ではない!

わらび餅=和、生クリーム=洋


つるんもちっと甘いわらび餅の素朴な甘さを、生クリームで加速させているような
そんな至上の美味しさがあります・・・。

いやあ、何度食べても眉間にシワが寄るほど美味い!!
たまりません!!

そしてこれからは愛知へ移ることになるので、そう頻繁に行けないかも!?ということで追加注文!

看板メニューの『絹漉し緑茶ティラミス』も頂きます〜
こちらはしっとりとした食感で、緑茶の微かな苦味とティラミスの甘みが合わさった唯一無二の美味しさ・・・。

大満足でした!!

ゲリラ!金比羅山登山ツーリング!!

ここまで順調に予定が進んで、時間に余裕ができてしまった。
う〜ん、どうしようかなあ〜・・・

と考えていたところ、そういえば大原にロッククライミングで有名な山があるって聞いたことがあるぞ!

と言うことで、クソ暑い中、ゲリラ登山ツーリング!!笑

お二人ともすみません(^◇^;)笑

江文峠は何度も来たことがあるけれど、この鳥居以降は初!
近場だけれど世界が広がるのってワクワクしますね!!

今回、とざつー部に新しく加わった「もりたく」さんは、今回が初登山!!
初めてがこういうのですみませんw(謝罪を再度)

山頂付近に近づくと、岩肌が剥き出してロックガーデンみたいで楽しい!

美しい新緑の中、登っていき一つ目のピークへ差し掛かる。


いやあ、素晴らしい眺望だ!!!
京都北部の山々の美しい稜線美、京都市中と大原の町まで一望できる最高のスポット!

みなぎるような緑と青空のコントラストが大好きです。

しばらくの間、各々写真を撮りながら、景色に見惚れ、そして爽やかな風を感じる時間。
大変充実していました!

そして本当のピークへ!金比羅山山頂(573m)
展望は全くなかったけれど、地域に愛されている名山だということは伝わった。

下山時にも、別の展望所を見つける!

軽く紅葉している木も!
今年は降雨量が凄まじかったし、木々が色づくのも早いかもね。

そして帰りはトレラン風に下山!!
10分かからなかった!(笑)
疲れもほどよく、楽しかったな!

このとき時間は16時半で、予定では京都で銭湯入って、買い出しをしている時間・・・

やばい!急がねば!!

大文字山ナイトハイク!!

標高324mの江文峠からノンストップのダウンヒル!!
真夏のサイクリングにおいて最も気持ちが良い瞬間!

さあて、あとは時間との勝負!(笑)

15分銭湯に入って、買い出しして、30分登れば丁度日没の18時半になるはず!


かなり過酷でしたが、間に合いました~~~!!!(祝)

相変わらず大好きな開け具合!爽快感!!
やっぱり堪んないね!!

そして、銭湯入っても登山でびしょびしょになったけど(;^_^A
山頂は涼しい~~~!!!最高♪♪

京都と私たちと、食材と

ま・ず・は!!

重たく嵩張っていたんだけれど、私の大好物のこいつから!(笑)
志村けんの早食いごとく、ワイルドに平らげましたww

夏の夕方にスイカなんて最高だよね!!!

あ~早く食べたい・・・w
けれども、本格的に夜景が出てくるまでは我慢我慢

日没から20分ほど経っただろうか??
徐々に京都No.1の夜景がお目見えする!
いやあ、まだ光が灯りきっていないけれど、これでも素晴らしい景色・・・。

写真撮影ミスって、アニメとかの回想シーンで出てくる亡き人みたいになったw
なんか神々しいw

はい!成功版はこちら!!


いやあ、日没から1時間もすると、圧倒的な京都の夜景が作り出される!!
本当に素晴らしい最高の景色だ。

そんな格別な景色を見ながら、しばし夕食を作ります。
下で買ってきたお肉と白米!これだけで幸せになれる。
夜景を見つつ、みんなで食卓を囲みながら談笑する!

これは一人ではできないプライスレスな時間だ。
いやあ、本当に楽しい・・・!!

夕食を食べて、しばらく遊びながら夜景を楽しむと
大文字山で大の字!w

そろそろ寝ますかね~!ということで、脇で設営します。

にしても!!!!

こんな贅沢なテント泊あるか!?!?(笑)
とテンションが上がりすぎて、すぐに寝付けなかったのはここだけの話w

さらに、テント内からも夜景を望むことができる半端ないロケーション!
山頂は26度と涼しく快適で、シュラフ等なしで半袖で寝て心地良いくらいでした。

実は22時過ぎに上がってきたカップルの声が凄くて寝られなかったけれど、公共の場だし、文句は言えないよね!
気づいたらスヤスヤ寝ていました。

ということで、関西最後のアウトドアは大成功にて終了!
本当に素晴らしい思い出が一杯できた。本当に有難う。

※テントの設営について、地元の京都比良山岳会の方たち等やっておられるため、私たちも準拠しましたが議論があるようです。山に限らず、特に禁止が謳われていないテン場以外の設営は認められていないものの、事実上黙認されている状況の為、大手を振ってテント泊出来ないため注意が必要です。※注意されれば大人しく退去しましょう。

~完~
ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿

Twitter

自己紹介

自分の写真
名古屋市, 愛知県, Japan
1993年生まれ、愛知県豊田市出身。絶景を求め、一眼レフを担いで走って登る山岳自転車旅ブロガー。 大学生のときに始めた自転車旅にハマり、サラリーマンをしながら全国各地を旅しています。