2018年7月20日金曜日

【2018年7月四国山岳ツーリング】風の里ヒルクライムを越えた先には(絶景とグルメ)

高知県の標高1000m級峰に展開する葉山風力発電所

それを縫うように走る道の先の景色は・・・!!


早朝、久しぶりに涼やかな朝を迎えた気がする!
渓流と自然に囲まれたこの場所だからだろう。

先の二日間とも睡眠は6時間未満だったので、ようやくたっぷりと休息できた!
さぁ最終日が始まる!!

さて、この最終日。
連日の灼熱の暑さに加え、疲労度も考えて
以下三案に絞っていた!

  1. 津野→須崎→横浪黒潮ライン→高知
  2. 津野→風の里公園→須崎→(輪行)→高知
  3. 津野→須崎→(輪行)→高知
しかし、1・2は距離や登りの多さに加え、気温も高くなることが予想されるため
キツイんじゃないか(汗)

なんて話になっていたけれど、やはり【四国登山ツーリング】なんだから最終日も登りで〆たいという話になり・・・w

案外走ってみたら、酷暑になれたのか意外と行けてきて・・・
何と!!④津野→風の里公園→須崎→横浪黒潮ライン→桂浜→高知





というフルコースを走り切ることができた。
一人や仮に二人でも諦めてしまうだろうが、三人揃ったからこそ最終日まで妥協なく完遂できました!!

これほど濃い旅は初めてだったと断言できる!!
お二人とも有難う御座いました。

コンビニという文明との出会い

早朝6時台に宿を出発!
今回の旅は、気温が上がり切る前に、いかに距離や登りをこなせるかが鍵になります。

まずは津野町の中心へ向かうけれども、そこにようやく

コンビニがあった・・・!!

旅の初日、港を出てすぐファミリーマートに立ち寄ってから丸々2日間も、コンビニを見かけることはなかった。
しかし、やっと補給ポイントを得ることができた!

今まで自分たちがいかにプリミティブな場所に居たかがわかります。笑

中をのぞくと・・・
プリン、アイス、スパゲッティ、おにぎり、ジュースにウイダーインゼリー!!

原始人が突如、文明に立ち会ったような瞬間だった!!
何を買えばよいか分からず、少しばかり興奮状態w

コンビニでいつでも美味しいものを買える日常生活の幸せ感じた瞬間でした。

さぁ、どんどん進んでいこう!!
朝霧が幻想的・・・。

ヒルクライムの入り口のある船戸地区へはおおむね平坦。
朝の静かな山間部を抜けていく。

そこから、津野町船戸地区の突如伸びていくこの道が始まりだ!
さぁ最終戦!!標高差800m以上の10㎞の道を登っていく。

風の里ヒルクライム~四万十川源流を目指して~


あぢい・・・!!
くそあづい・・・!!

道も険しいのだがそれよりも、この暑さを何とかして欲しい。

とはいえ、昨日のカルストより調子が良さそうだ!
暑さに慣れてきたのと、ブランクで鈍っていた脚を叩き起こすことができたみたい!!

10%程の坂もグングン登っていける!
これなら今日のヒルクライムもこなせるという確信が持てた。

途中の水浴びは、もはや恒例行事!笑

この水をかぶる瞬間がたまらねえ・・・!!

四国の山を旅する際には、事前に水場の確認をしておくことが、旅のアドバイスだ!

さぁ、さらに奥地へ入っていく。
どうも現在登っているのは、不入山という山らしい。

四国の清流「四万十川」の源流点の一つがある山なのだそうだ!


今回は特に【水】がキーワードになる旅ですね。

さて、そんなことを考えている傍らで『追合滝』という看板が出ていたので寄ってみたのだが、この滝の作り出す水辺の空間が堪らなく癒しだった・・・。
響くのは滝が流れ落ちる音だけ。
マイナスイオンが充満し、緑に囲まれた魅力的なスポットだ!!

そして戻ってきてから再度ヒルクライムは続く!
実はここからが斜度が上がり、なかなか距離も長く、心を折りに来る道。

しかし、何故か覚醒した私は、中々良いペースで登りきることができた!!
ここまでの2日間、私が足を引っ張っていたから、挽回できてよかったかな(笑)

山頂の峠では、朝、宿でもらった梅干しを頂く!
すっぺえええーーー!!しかし、効くう~~~!!!

風の里公園線へ(知られざる名道と絶景)


風の里公園とは、津野町葉山地区の標高1000mの尾根沿いに展開する20基の風車群と、それをつなぐ道全体を指す。

グーグルマップ(地形Ver.)で見ていたら、どう見ても面白そうだったので攻めてみた!
これが期待を裏切らない最高のスポットでした。

まず不入山の峠を越えて、分岐に差し掛かると
いきなりすごい景色が飛び込んでくる!!
思わず、すげええええ!!!と声が出てしまった。笑

どうも鉱山のようだ!
人工的ではあるが、その大スケールの山並みに心奪われざるを得ない。

まずはそうした四国の山並みを眺めながらの尾根沿いの道を進んでいく!
実は昨日いた四国カルストなんかも見えたり、初日にいた石鎚山&瓶ヶ森林道(UFOライン)も見えるという・・・

そして突如、風車が姿を見せてきた!
そのスケールに思わずたじろいでしまう。
中々見られないすごい光景だ!!

そして、その風車の傍を縫うように、急激なアップダウンの道が続いていく!!
しかし、楽しすぎて全く苦にならない!!

知られざる名道を見つけ、それを走る喜びは何物にも代え難い瞬間ですね。

道の先に待つ知られざる絶景

さぁそして、幾つかの風車を越えた先には、今日一番の絶景が突如現れた・・・!!

うわあぁあああーーーーーーーーーー!!!!

草原と圧倒的な開放感が飛び込んでくる!!

何だここは!本当に四国なのか・・・!?

まさに信州のアルプスなんかを彷彿とさせる景色でした!!

風車と向こう側の山並みが揃えば、この道の素晴らしさが伝わるはず
いやぁ最高の道だ!!

ここから少し行ったところにある展望台!
 これから行く道を見渡す。
山並みに展開する風車の風景が新鮮・・・!!

関西でいうところの「青山高原道路」が近いだろう。
また行きたくなってきた!

そして、そこから少し行けば、四国カルストの雰囲気を少し味わえる場所もあって
テンションが上がります。


道端に転がる石灰岩がカルスト地形!
風車と相まってすごく好きな道の景色。

さぁ、20台の風車を走り抜けたら、一気に800mほどのダウンヒル!
これがエゲツない斜度と荒れた路面で凄まじかった・・・!

こっちから登るのは相当ヤバそうだ。


そんなことを考えながら、下りでも水場での休憩を欠かせない!笑
ほとばしる水しぶきが気持ちよすぎた・・・。

ついさっきまであの上にいたんだと思うと、とても信じられない!

下り終えたらいつもそう思います!w

葉山の名物食事処『いろは食堂』


下って国道に出てすぐ、グーグルマップでチェックしていた食堂を発見!
本当はこれから行く須崎で名物「鍋焼きラーメン」を食べようと思っていたけど

『バイキング』の文字を見て入ることに決定!!

実は、ここが超穴場のお店だったのです。


どどーん!!!✨チャリダーの救世主的な豪華なラインナップ✨


この中で、特に揚げたての唐揚げと焼おにぎりが美味・・・!!
こんなに旨い唐揚げは初めてかも!?

食欲全開で12個くらい食べてしまった・・・w
これ以外にも、優しい味のカレーや、この葉山地区で採れたこんにゃくの刺身など

有難すぎる充実度でお腹いっぱいに頂きました。
そして、これだけ食べたのにもかかわらず800円とは良心的すぎる!!

この旅一番のグルメとの出会いでした。

〜続く〜

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


0 件のコメント :

コメントを投稿

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter

自己紹介

自分の写真
名古屋市, 愛知県, Japan
1993年生まれ、愛知県豊田市出身。絶景を求め、一眼レフを担いで走って登る山岳自転車旅ブロガー。 小豆島サイクリングアンバサダー。 大学生のときに始めた自転車旅にハマり、サラリーマンをしながら全国各地を旅しています。