My Best Contribution

【総集編】登山ツーリングで会った日本の山景30選

2018年3月28日水曜日

【小豆島ライド】春の小豆島に癒されに行ってきた(希望の道と寒霞渓)

            

小豆島旅行2日目。今日は島の穴場回りの一日!!

知られざる名スポットの『希望の道』


早朝、日の出前に目が覚める。
旅に来るといつもそう!

早く寝たからというのもあるが、次の日のワクワクからかサッっと起きれたりする。



そして、小豆島ヴィラ二大おすすめ展望スポットへ!
まずは石の館展望台。

開放感溢れる360度のパノラマが魅力!
家族をせかしながら、なんとか日の出に間に合うように来てみたが、何と雲が厚くて見えなかった。

しかし数分後、神秘的な光景が・・・!!

雲が厚いが故に太陽の光が抑えられて、綺麗な円形のままジワジワと登っていく。
その光は小豆島の地形を映し出している。

まるで白夜みたいな様相だ。

自転車と朝日をパシャり!
中々見られない絶景に感動!!
とても幻想的で素晴らしい景色でした・・・。

そして、そのまま一枚岩へと向かう。
太陽は雲から徐々に解き放たれ、燦爛な輝き!!
そして崖から突き出している一枚の岩の先に広がる圧倒的なパノラマ!!


朝焼けが本当に綺麗な一日となった。
まさに最高のスタートだ!

この後、一旦ライツボへと戻ってごろごろ〜笑
9時頃に出発です。

ライツボから主要な道まで出る6.5kmものダウンヒルは超爽快!
ここに泊まった人にしか味わえない特典を満喫します。

そしてそのままオリーブ公園へとやってきた。
小高い丘の周囲にオリーブが植えられていて、海側を見れば異国情緒漂う景色が見られる。

アクセントとなっているのがギリシャ風車だ!
こういう景色を見ると「日本のエーゲ海」なんて言葉が出るのも分かる気がする。

そして、実はこのスポット・・・
魔女の宅急便のモチーフとなった場所で、無料で箒が貸し出されています!

ということで!
やはりお決まりのショット!笑
家族で撮れて良かった✨

ご厚意で撮って頂いたカメラマンの方、誠にありがとうございました!

ちなみに一人でも笑
キキのように飛ぶのが、ぎこちない感出てるでしょ!?演技なんです( ・´ー・`)どや
(ただ本当にぎこちないだけ笑)

春になると小豆島には色んな花が咲き誇るということも知った今回。
鮮やかな黄色のミモザに

ローズマリー(紫)とオリーブの共演。
右の建物が神殿感があって好き。

ということで、オリーブ公園もぶらぶらしながら満喫!

さて、そろそろ少し小腹が空いたなあ〜ということで、次に向かってきたのは『ヤマロク醤油』さん
ここも何回来ているんだ・・・!?という感じ。笑

やはり何度でも来たくなる醤油蔵見学!
醤油の匂いが漂っている空間で、天然の醤油づくりを見られるなんて貴重です。
小豆島のヤマロクさんだからこそ、こうした体験ができる。

そうすると・・・
何か醤油で食べたくなる仕組み(笑)
絶対に美味しいであろう「卵かけご飯」をチョイス!

鶴醤の鮮烈な旨味が、卵でまろやかになって、まさに極上の一品。

続いて、私達が目指すのは福田と草壁の間にある知られざる名スポットの『希望の道』
南風台という景勝地を下るとあります!
ここもミモザが綺麗。

トロンボ現象と言って、干潮時に渡ることができる場所。
全国には、十数箇所確認されているが、小豆島には二箇所もある!

『エンジェルロード』はその代表格で、その裏と呼ばれるのが、この道。
道が細いため、エンジェルロードほどくっきりと道は現れず、大潮・小潮の影響も受ける。

少し早く着すぎたか、まだ時間がかかりそうだったので、早めに昼ごはん!

坂手港方面へ戻り、私が小豆島で一番好きなカフェレストラン『イート』さんへ
写真を挙げるのは禁止となり、上げられませんがお洒落な店内と、絶品料理の数々。

私が頼んだクスクス・ラタトゥイユ・若鶏のオリーブのコンフィのプレート
(写真はイートさんのHPから転載)

クスクスは初めて食べたが、サラサラしたバターライスみたいな感じで、とても美味しく食べ応えがありました!
そして若鶏ととてもよくマッチ!

最高のランチとなりました。

そして、急いで先程の『希望の道』へと戻ってきた。
とうとう最後まで道は出なかったが、渡ってみました!
春で暖かくなったと言えど、まだまだ冷たい水温。

気持ち良かったけれど、少し寒かったです。
そこからは小豆島北側をサイクリング!

少し起伏に富んでいるものの、町が集中する南側に比べて走り応えがあり、海が綺麗。

父親も楽しんでくれました!!
そして大部港に到着!
実は、ここで何度もお世話になっている島おこしチャリダー『なぎさ』さんと合流!

これから大部港から寒霞渓までヒルクライムだ!
実は私は小豆島の寒霞渓まで行く道は4ルートあり、その中で一番楽なのがこのルートなのだ!

小豆島スカイライン(土庄港から)

斜度 ★★★★★
距離 ★★★
難易度 ★★★★★


小豆島ブルーライン(草壁港から)

斜度 ★★
距離 ★★★★★
難易度 ★★★


北ルート(大部港から)

斜度 ★★
距離 ★★★
難易度 ★★


北東ルート(福田港から)

走ったこと無い為不詳。


今回登った大部港からの北ルート。
ワインディングが続き、景色が良い前半部は楽しい!!

途中の休憩にて父が、何の気なしに見つけた絶景ポイントが素晴らしかった・・・!!
大部港と綺麗な海、走ってきたワインディングをいっぺんに俯瞰するビューポイント!

この道のワインディングは、チャリダーには堪らないはず!笑

そして直下には滝があるというシチュエーションで、水の音が響いて趣がある。

さぁ、良い休憩となったし出発!

なんか道に船があるという(笑)

このまま森のなかを走る林道へと入り、寒霞渓へ至ります。
全班の方が斜度がキツイため、ここらは流し。

汗をかいたけれど、日陰を走り涼しくて気持ちいい。

さて、大部からのヒルクライムでは、終始なぎささんと『小豆島×自転車』のことを語り合った!
彼女の動きにより、島が新たな転機を迎えているのは確か!!
私でできることは知れているけれど、少しでも彼女の力になりたい。
という意味で、来月の小豆島サイクルイベントにアテンドとして参加できるのは本当に嬉しい。

私の大好きな小豆島の魅力をもっとサイクリスト(潜在的なサイクリストを含めて)へ届けたい。
その為なら出来ることはどんどんやって行こうと思います。

・・・と熱く語っていたら寒霞渓!


日本三大渓谷美の一つとして知られており、小豆島随一の山岳地帯。

海の方を眺めると、ここまで登ってきたことに驚く!
それほどの高度感です。

ここまで登ってきたぜ〜!!!

そして程なくゴールへ着きました。
ここで記念写真!
父は最近ほとんど自転車の乗っていない中、初めての10kmもの登りを頑張ってくれました!

おつかれ(笑)

なぎささんとは、ここでお別れ。
しかし、夕ご飯のバーベキューにて合流されます😁

そして、我々もダウンヒル!
今まで下ってきた中で、一番楽しい道といえば『小豆島ブルーライン』

目まぐるしく景色が変化して最高に下り応えがある道。
寒霞渓へ自転車で上がったものしか味わえない至高のダウンヒル!!

父も、この半端ないダウンヒルに感動してくれました。
下り終わってみる寒霞渓の姿。
いやあ、本当に楽しかった!!!

そして車組と合流!
急いでライツボへと向かいます!
今日は吾が家族5名、おじいちゃんライダー3名、なぎささん、ライツボオーナーの10名にてバーベキュー✨✨✨

超豪華で美味しくて最高でした!!
初見同士でも、こうして食卓を囲いながら談笑するのがライダーハウスの醍醐味ですね。
(遅れてしまったのは申し訳ありませんでした💦)

ということで、夜まで本当に素晴らしい一時。
今日は星が綺麗だったので撮影して終了。
いやあ、もう明日が最終日。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますね。

〜二日目完〜

2 件のコメント :

  1. おはようございます。
    いや~小豆島の最高の過ごし方の見本ですね!
    素晴らしい。流石です。

    朝も(少し雲かかってるかな?)と思いましたが、最高の朝日!
    良かったです。

    大部からの登りも、景色変化有りで楽しく登れ・・・


    また週末語りましょう(笑)

    でわでは、今日も良い一日を!

    返信削除
  2. ライツボさん

    お疲れ様です!
    それもこれも全てライツボさんから教えてもらった賜物ですよ(笑)
    朝は霞掛かっていたからこその絶景でしたね。
    毎度行くたびに違う景色があるので本当に楽しいです!

    大部からの登りも良い思い出。
    父も登りきったし(笑)

    それでは、また明日伺います!
    楽しみにしてますのでよろしくお願いします。

    返信削除

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter