2017年12月28日木曜日

【写真紀行】エクシブ琵琶湖と近江堪能

            

滋賀で美味しいものに舌鼓する1日

エクシブ琵琶湖で極上のひとときを〜


こんにちは!
妹っぴです。

先日は、久々に写真を楽しみながら琵琶湖方面へ旅行に行ってきたので、その内容をまとめてみようかと!

今回のコンセプトは『食』

やはり近江と言えば近江牛」、そしてクリスマスということでケーキと、リゾートホテルの素晴らしいフルコース

・・・と、まさに食に妥協しない一日となった!
完全に食べ過ぎました(笑)

いやぁいつもの旅とは全く違うけれど、こういうのもすごくいい。

そう感じたのは、今回泊まったホテルの存在が大きい!

人生初の会員制ホテル『エクシブ琵琶湖』半 端 な さ す ぎ た・・・・!!
以下で語っていきたいと思います。



『エクシブ』とは


エクシブは、リゾートトラストが管理・販売を担うリゾートホテル。全国各地にあるホテルは、オーナーである会員様、およびそのご紹介者のみがご利用いただける会員制ホテルです。別荘を持つ感覚で、ホテルと変わらぬ気軽さで、多彩なリゾートライフをお楽しみいただけます。出典:https://www.resorttrust.co.jp/membership/beginner/

今回宿泊した『エクシブ』というホテルは、なんと会員制ホテル!
まさか自分がこういうホテルに泊まれる日が来るなんて・・・笑

全く以て自分の力ではないのだが・・・・
(ありがたい話だ!

さて、この『エクシブ』
全国各地にあり、どこに泊まるか選ぶことができる!!

元々、近場の有馬温泉や京都を考えていたけれど、あいにくのの予約一杯で、滋賀の琵琶湖の方へ行くことにしました。

しかし結論的には、滋賀は観光客が少なくゆったりとした休日を過ごすことができたので良かったかなぁ〜

ここのディナーのコース料理には感動したので後ほど!
まずはホテルに泊まる前に近江八幡を観光です♪


近江八幡の雰囲気を楽しむ


まずは午前中、私たちは近江八幡へと向かっていた。
いわゆる「近江商人」の街として栄えた場所で、昔ながらの文化景観を色濃く残している。

かつて経済的にも軍事的にも重要な場所で、一時期は安土城も築かれて時代の中心地だった。

そうした歴史が根付くこの地の雰囲気は、何とも言葉にならない風情があってとても好きです。

何の気なしに歩くだけで心が和む・・・。

近江八幡のシンボル的な『八丁堀』は照り返しが美しく見入ってしまいます。


うん、やはりこの照り返しがこの堀の味だ・・・。

ということで、景観や雰囲気に癒され朝の清々しい散歩を済ませた私たちは、心待ちにしていたランチへ向かいます。


近江牛ランチ@万葉

続いて、近江と言えば、何と言っても『近江牛』

日本三大和牛と一つとも言われ、高級なイメージの近江牛だけど、ランチならばそこそこリーズナブルに食べられる!!
せっかく近江に来たのだから、やはり食べておきたい。

ということで、この地域で有名な『万葉』さんへ行ってきた。
近江八幡から電車と徒歩で20分ほどというところ。
※万葉さんは八日市を中心に数店舗ありますよ!

頼んだのは、近江牛三種盛り御膳(3000円)
肉の鮮やかな色とインパクトに思わず唸ってしまった〜!!

何と綺麗できめ細やかなお肉なんだろう・・・。

まずは中央のローストビーフから頂いてみたのだけれど、これが半端なく旨い!
柔らかくやはり脂の乗り方がいつも食べるローストビーフとは大違いだ!!

次にお肉たちを焼いてみる。

分厚く、見るからにジューシーな上カルビには、こんがりとした焼き模様が!

口に入れた瞬間、肉の半分ほど構成する脂がすっと溶けて、旨味が広がる。

こ、これは・・・ご飯が進みすぎる( ゚д゚ )クワッ!!!!!

他にラムシンは独特の噛み心地で、イチボは霜降りの上カルビとは対照的に赤身とのバランスが丁度いい!
しかし、共通して言えるのは肉の旨みが本当に強いということ。

数は決して多くはなかったけれど、その一つ一つのお肉を口に入れて噛み締めている瞬間がとても幸せでした。
大満足!!

ちなみに、この万葉さんは店の雰囲気も素晴らしかった!

庭園付きで長い廊下の先の個室で近江牛料理をいただけるのです。
なんとも贅沢なランチタイムとなりました。


八幡山から絶景の琵琶湖


近江八幡へ戻ってきた私達。
元々、「クラブハリエ」でクリスマスケーキを購入ために戻ってきたのですが、せっかく時間もあるし、良い天気なのでロープウェイで八幡山へ登ってみた。

展望所からは、少し霞みこそしていたけれど素晴らしい景色・・・。

超広角レンズが威力を発揮する!

気温もちょうどよくて清々しい気分でした。
滋賀は基本的に平地ばかりなので、少し登るだけで、とても景色がいい。

たっぷりと眺めを楽しみながら、程よい食後の運動となった!

そしてロープウェイで下山して、徒歩2〜3分。
目的地の『クラブハリエ』へ到着だ!
CLUB HARIEクラブハリエ ・・・創業時に抱いた西洋への夢や憧れを胸に、地元近江からこだわりの洋菓子をお届けしています。独自の食感が人気のバームクーヘンをはじめ、各店のシェフによるオリジナリティーあふれる生ケーキや焼菓子など、高い技術と感性で生み出すこだわりの逸品が並びます。 

店内は、クリスマス一色の賑やかなムードでした。
ショーケースには色とりどりの美味しそうなケーキがズラーッと並ぶ。

どれもこれも美味しそう・・・。

一番目についたのは、ショーケースの上に乗っているケーキ。
菓子のお家の中に入っていて、もはや芸術の域だ!


極上のホテル「エクシブ」へ泊まってきた


近江八幡から電車で30分で米原駅へ到着!
ここから送迎バスでホテルまで向かいます!

到着後、チェックイン前にせっかくだし琵琶湖に沈む夕日を見てきました!

雲が少しあったもののオレンジに染まる琵琶湖はとても綺麗だった。

そしてエクシブへ!
まず最初の感想は、ホテルじゃなくてパレスみたい!!
建物も大きすぎるし、細部まで豪華な仕様。

こ、こんなところに泊まれる日が来たのか・・・!?( ゚д゚ )クワッ!!
というのが正直な感想。

そしてそれを大きく思い知ったのは、ディナーのコース料理だ。
選んだのは南欧料理『Como』というレストランののミドルグレード。

ラインナップはこちら

まずはじめに登場した料理からビックリしました!笑
何とチョウザメ料理。
イチゴを使ったカルパッチョで、スプーンの先には希少な生キャビア・・・

プリップリのチョウザメにイチゴのほのかな酸味が加わってとても美味しい!!
初めて食べる食材と、その組み合わせに驚いた!
色とりどりで綺麗なので少し食べるのがもったいなかったです。

他の料理もお洒落かつ美味しいものばかりで最高でした・・・・!!

オマール海老をまるまる使ったパスタも食べ応えがあったなぁ〜

今日は美味い肉を食い過ぎじゃ〜!!!
西洋ワサビを使ったレフォールソースの独特の風味とよく合う。
口に入れた瞬間の幸せったらない!

デザートは数々ある中から選べるのですが、選びきれずすべて一口サイズで頂くことに!
これがまたどれもこれも最高!

とはいえ、甘いものを摂りすぎたかな・・・笑
このあとまだケーキが控えているのに(^_^;)

本当に最高の内容でした!
また店員さんの応対も素晴らしく、最後は料理を振るったシェフがわざわざ席まで来てくれて「ありがとうございます」と一言。

エクシブはこのように、一つ一つへの気遣いが半端ない!
それは食事に限らず、あらゆるところで。

ここが圧倒的に満足度を高めてくれる。


食後のライトアップが素晴らしい!

大満足のディナーを終えたあと、実はレストランに入る前にずっと気になっていた中央広場のライトアップへ!




凄く綺麗で、食後まで楽しませて頂きました!!
本当にこのホテル・・・
レベルが高い!!!

20周年記念のライトアップもいい感じ。


建物とライトアップが様になるね!

まさに相乗効果の美しさだ・・・・。

ということで、カメラ遊びを楽しむことができました!

ここまで総合的に見てきて、やはり『エクシブ』
私が今まで泊まったなかで間違いなく一番のホテルだ!

ちなみに帰りがけに寄った売店でも・・・
MONCLERのダウンが売っているぞ!!w

CHANELにCOACH、PRADAまでw
売店という域を完全に超えてました。
本当にありがとうございました・・・。

とまぁ、確実に分不相応だということを見せつけられたものの、まぁこんな素晴らしいところに泊まれてラッキーと割り切ろうw

部屋に帰ったあとは、予約していたケーキを頬張る!
最後まで、完全にカロリー摂り過ぎだよね!
分かっております。

今日は、クリスマスという一日。
まぁ良いではありませぬか笑
と自分を甘やかしがち・・・笑

部屋からは先程の素晴らしいライトアップを望みながら、美味しいケーキとのひととき。
何もかもが期待以上であった『エクシブ』
また機会があったら、泊まりに行きたいと思います。

ということで本年度の写真紀行もこれで終わり!
一日の小旅行から、四国のアウトドアな旅まで色々楽しむことができた2017年。

来年度はどんな旅が待っているだろう・・・!?
今から楽しみです。

0 件のコメント :

コメントを投稿

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter