My Best Contribution

【総集編】登山ツーリングで会った日本の山景30選

2017年11月12日日曜日

【四国写真紀行】秘境「祖谷渓」の大紅葉をあとに

            

四国旅最終日は日本三大秘境の大スケールの紅葉を堪能


とうとう四国旅も最終日です。
フェリーの関係上ゆっくりできないものの、せっかくなので午前中は四国の秘境「祖谷渓」を満喫してきました!

実はこの祖谷渓。
あまり知られていのかもしれませんが、日本三大秘境の一つ。
・白川郷(岐阜県)
・祖谷渓(徳島県)
・椎葉村(宮崎県)

白川郷がメジャーすぎるのですが、こちらの祖谷渓は山深さが半端なく、まさしく秘境の雰囲気。

だからこそ、紅葉も山いっぱいに広がってとても綺麗で素晴らしかった。
また自転車でも訪れてみたい場所だ!


ホテルでくつろぐ(豪華な朝食と朝風呂と・・・)

今日も私達の朝は早い!
何と言ってもフェリーの時間までに高松へ戻らなければならないから!

早朝でホテルを楽しみ、午前中に祖谷渓を堪能する予定です。

早速朝ごはんへ!
豪華だけど、祖谷らしい質素さもある朝食。
朝から食欲を開放です!笑

その中で特に美味しかったのが、コレ!
ヨーグルトにイチゴ・柿バニラ・すだちのジャムをかける!

柿バニラは両方が凄く相性抜群で、甘くて本当に美味しかった・・・。
すだちも酸っぱいかと思ったけど、柿バニラに負けない甘さ〜

そのあとは朝から露天風呂を満喫して、休日らしいのびのびとした休息時間を過ごしました。


祖谷のかずら橋に癒される

まずは昨日ライトアップを見に行った祖谷のかずら橋へと向かいます。

さて実は、この祖谷・・・
かつて源平合戦で敗れた平家が落ち延びた里と言われています。
その際に、追手が来てもすぐ橋を切り落として逃れられるよう「かずら」で橋を作ったのが「かずら橋」の始まりとのこと!

こんな人里離れた山奥にも、そうした歴史があり、それが現代まで残って根付いている。
これってロマンがあるし、なんだか素敵ですね。

かずら橋は紅葉がピークで本当に綺麗だった。

綺麗なオレンジ色の木々の間に佇む「かずら橋」と周りのひっそりとした雰囲気、そして深い青色の河。

人工橋の方も中々良い!w

そして周囲の祖谷街道の雰囲気もすごく好きでした!
風光明媚な山間の温泉街・渓谷をゆったりと繋いでいるこの道路。

紅葉もとても綺麗だし、うまく言えないのだけれど

「何か良いなぁ〜・・」「癒されるなぁ」という道の雰囲気がある。

こうした自然溢れた山奥、そしてそこにゆったりとした人の営みが、その雰囲気を醸成しているのだろう。

祖谷街道の紅葉もお送りします。

紅葉はまさに最盛期で、青空とのコントラストが印象的だ!


日本三大秘境の一つ「祖谷渓」の大紅葉


続いて私たちが向かったのは、祖谷渓の看板とも言える小便小僧の像。

この像は「危ない崖の上で子供達が度胸試しに小便をしていたという逸話」にちなんで作られたそう。
ふふ、確かにあの崖の上の先は足がすくみそうだ・・・笑
(楽しそう)

それにしても、やはり紅葉が綺麗。
車でドライブしながら窓越しに映る大スケールの紅葉に心踊ります!

山と山の間を走っているから360度紅葉が広がっている。

そして車を止めたのは、祖谷渓で一番有名なU字カーブの渓谷です。
緑の渓谷一帯に広がる鮮やかな赤色。
圧倒的なスケールを誇っている。

高スペック単焦点レンズの威力!

超広角レンズの威力!

レンズの特性が生きる景色。
ただただ立ち尽くして見入ってしまうほどの絶景でした・・・。

これほどのスケールの紅葉は、北海道以来でしょうか!?

北海道の記事はこちら
【北海道道央旅】最高峰「旭岳」からの絶景

さぁ、目一杯秘境の絶景を楽しむことができた!
祖谷渓をあとにします。


大歩危の遊覧船から

徳島の有名な渓谷「大歩危小歩危」と祖谷渓は実は近くにある。

ここまで来たのだから、こっちも寄りたい!
ということで車で大急ぎで向かいます。

フェリーの時間の問題があるからね!

大歩危で一番有名なのは、この観覧船。
水蝕された岩壁が反り立つ渓谷を船上で眺めながら進んでいきます!

紅葉の時期は、少し早かったかもしれない。
けれども綺麗だ。
どうしたらこんなに岩壁が傾くのだろうか?

この大歩危峡は、全国でも地質学的に珍しい場所だそう。

とある学説によれば、大歩危峡を形成している結晶片岩の岩礫層が日本列島を形成しているのではないか!?とも言われている。
←流石に怪しいw

光が当たって綺麗な一コマ
荒々しい渓谷と、深い緑色の吉野川、少々の紅葉も相まって景観をすごく楽しむことができました。

船から降りた後はご飯にしよう!
私は限定メニューの「一つ目丼」を注文。
う〜ん・・・
正直言うと、無理やりご当地グルメを作った感が否めない(笑)

味は、美味しくもなく不味くもなく・・・(笑)

お茶付きなのが地味に嬉しかった!
この妖々らしいイラストww

さぁ12時半過ぎ。
帰りのフェリーの時間を考えるとゆっくりしていられません!
出発するぞ〜!!


ジャンボフェリーから四国を後に

ジャンボフェリーから四国を振り返る・・・。

大歩危を後にして80kmの車移動!
16時半発のフェリーに乗船した。

とうとう旅も終わりだ!

最後は私がフェリーで毎度楽しみにしている夕焼けの鑑賞タイム。

今日は雲一つない快晴でトワイライトが美しかった!

そして、高松での空き時間に買っておいたデザートにも舌鼓♪♪

ルーブのプリンアラモードと、シュークリーム!!
甘くて甘くて美味すぎる・・・。

そして、そのあとは明石海峡大橋の夜景を鑑賞に!
最後の最後まで写真を楽しんだ旅となりました。

そして、実はこのフェリーには…
私が今後活動する自転車サークルのメンバーが偶然乗っていたという奇跡が!?笑

まだ顔合わせしていなかったので、お会いしましたが…
初めて会うのがフェリーの中だなんて驚きです。笑
記念に一枚!

最後には意外な展開となりましたが、それも含めての旅なのかな〜(笑)

今回の写真紀行はこれで終わりです。
決してメジャーなところを攻めた訳じゃないけれど、満足度はすごくすごく高かった!

カメラを初めたおかげで、旅先を調べるアンテナが敏感になった気がする。

カメラというツールを通して、日本の素晴らしい場所をこれからも掘り起こしていきたい!
今後も写真紀行は続きます。

2 件のコメント :

  1. 初めまして、sumさん処から来ました。
    四国の秘境、子供の頃、父親に毎年秋に連れられて、鮮烈な紅葉を記憶しています。
    学生時代は初春、30数年ぶりに、この9月小便小僧に会いに行きました。
    変ってませんでした。記念にツーショットも。紅葉の時期に行けるのは何時のことか。

    返信削除
    返信
    1. 【ume3さん】
      初めまして!コメントありがとうございます。
      sumさんの自転車百景ですね(*^^*)
      私も大好きなブログです。

      ume3さんにとって、祖谷渓は思い出が詰まった縁の地なんですね〜
      私も実際行って思いましたが、あの観光地化されていない秘境の雰囲気が好きです。
      小便小僧の辺りは何もないですが、それが良いんですよね♪♪

      私のブログから、あの頃見た鮮烈な紅葉を思い出して頂ければ嬉しいです。

      削除

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter