2017年9月8日金曜日

初小豆島ロングライド(前半)

            
大学の学祭で三連休、小豆島ロングライドに行ってきました!!今日は、その一日目。

早朝5時に下宿を出発し、11時50分に姫路港に到着!!走行距離は135km。

まだ11月といえど寒すぎた・・・。
そしてやはり、11時15分の便には間に合わなかった。

亀岡から姫路までずっと吹いていた向風さえなければ何とか間に合ったかもしれない!!

早朝、南丹にて。

走っていて日の出が見えたとき、思わず唸ってしまった!

人が寝静まっている時間帯に、田園風景を自分一人だけが進んでいるシチュエーション。
何かその非日常的な感覚が心地よい。

そして、姫路まで行く、この「デカンショ街道」は道もいい!
ゆったりとしたアップダウンが多く、アクセントをつけて走ることができる。

市中を出ると、京都ってこんなに広大で
自然いっぱいで、ゆったりとした時間が流れているんだ!

ロングライドってこんなに楽しい!
走ったことのない道を走るのって、こんなにワクワクする
そう思える旅路だった。


姫路港で、しばし休憩。
フェリーを待ちます!

この姫路港から小豆島の福田港へと入る。
このように固定。
自転車をフェリーに乗せるだけで、何かテンションが上がります!

二時間程度の船程だが、とても楽しめた。
風がとても心地よいし、瀬戸内海ってこんなに青いのか〜

ずっとテラスの上で海を眺めていた。
疲れていた脚を休める束の間の癒やしの時間。

小豆島へ到着!
港を越えてから、町のある草壁まではアップダウンに富んだ海沿いの道を進む〜
福田港を振り返る。


さぬき海岸は海が美しい絶景スポット。


島は淡路島のイメージだったから、何か新鮮だ!
あとあと思い知ることになるのだが、小豆島は山の島だった。

特に、今日泊まるライダーハウスへの道が7kmにわたり標高600mまで上る鬼畜ルートなのである・・・。

しかし、何とか無事にたどり着き(詳細はのちほど)
今夜はオーナーと他のお客さんと一緒に鍋を楽しんですぐ就寝した。

何もかもが新鮮でとても楽しかったが、その分疲れも溜まっていたよう。

二日目
スタート前にライツボと一枚📷

今日は、ライダーハウスのオーナーに案内してもらい、小豆島を回ってきました!

まずは早朝、バイクに2ケツしてもらい、景色の素晴らしいスポットへ
まずは石の館

実はこの『ライツボ』のある小豆島ヴィラ。

高度経済成長時代の別荘地でしたが、水が出ないなどの不具合が理由となり、撤退が相次いだため廃れてしまい

おまけに2015年に倒産してしまい、今は廃墟のような状況です。
(この当時、倒産したてだったので綺麗ですが、いまは悲惨になってます)
このステンドグラスの派手な色使いがバブルらしい(笑)

この絵も何とも言えない(笑)


この石の館には付属の展望台があり、そこからの景色は小豆島でも一二を争う絶景ポイント!
しかし、訪れる人がいないため独占状態だ。

この次には、オーナーの一押しの超絶景スポットへ!

一枚の岩盤が飛び出し、そこから山・海が織り成す群を抜く景色。
そして、とてもスリルもあり!

とても素晴らしい景色の連続だった!
自転車で上った先に、こんな素晴らしい景色が待っている!!

実は、自分が絶景を求めて旅を始める動機となったのがこの場所だ。

それから、一緒に宿泊していた学生ライダー2人組と自分とオーナーを入れたチャリダー3人でエンジェルロードへ。
恋が成就するというアレです(笑)

男5人組でエンジェルロードとか中々シュール(笑)

旅は人との出会いもある!
旅先で意気投合した人たちとの一期一会の思い出というのも、旅の素晴らしさだと実感。

そして、小豆島に点在している現代アートを見てきた( ゚∀゚)

実は、この小豆島。瀬戸内国際芸術祭りの会場ともなっているアートの島でもあるのです!

まずは町屋を改装した体験型アート。
中は撮影禁止なので、詳しくお伝えできませんが、中々面白かった。
空き家に色々仕掛けをしていて、忍者屋敷みたい!!

次も中は撮影禁止だが
船のアートで、乗船も出来る。
建物もやはり町家をリサイクル!雰囲気もある。

さあ、ようやく昼ご飯だ!

〜後半へと続く〜

0 件のコメント :

コメントを投稿

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter