My Best Contribution

【総集編】登山ツーリングで会った日本の山景30選

2017年9月18日月曜日

【北海道道央旅】積丹ブルーを求めて〜絶景道セタカムイラインと神威岬〜

            
【4日目後半戦】
積丹にて豪華な昼ごはんを食べた私たちは、本日のメイン目的地である「神威岬」
へと向かった!

積丹半島からおよそ8kmほど。
天気予報は曇り気味だが晴れている!!
何とか保ってくれそうな雰囲気だ。

そして今いるのは積丹半島一の絶景区間。
日本百名道の一つである「セタカムイライン」の中枢部である。

積丹ブルーが道路脇まで迫り、綺麗な平坦路がスーッと続いていく美しい道。
聞こえるのはホイールが回転する音と、波の音だけ・・・

数々海沿いの道を走ってきたけれど、ここまで癒される。そして雰囲気のある道はない。

こんなに素晴らしい道を自転車で走れる喜びったら計り知れない!
爽快感と感動が一気に込み上げる!
私が旅する根源的な欲求を満たしてくれるこの道。

「ここまで来たぞ〜〜〜〜!!!」と叫びたくなる。
思わずカッツポーズをする。

そして天気が保ってくれたことに感謝です。

神威岬までひたすらこの美しい道が続いていきます。
向かい風で辛かったけれど、そんなネガティブな感情は吹き飛んでしまった!!
だってこんな素晴らしい景色の中を走れるのだから・・・

北海道へ来た本望が果たされたのだから。

距離にしたら短かったが、圧倒的スケールで展開する海岸道路なのがよく分かります。
あぁ爽快!楽しい!!楽しすぎる!!最高だ!!!
思わず満面の笑みを浮かべながら、周囲の景色を堪能する充実した時間となった。

しかし、そこから1分後。
突如、雨が私たちを襲う!!
ま じ か・・・・・・・・・・・・・・。
嘘だろ?おい!

思わずトンネルで雨宿り。

しかし私たちには時間がない!
13時45分のバスで神威岬〜余市へと輪行する作戦だからだ。

時間にして、あと1時間ほど・・・。
神威岬までしっかり見て回るにはここで休んでいるわけにはいかない!!

雨の中、少し小降りになった(気持ちの問題だが
ところで飛び出した!

神威岬まであと4km。
雨は冷たく、荷物や自転車が濡れるのは気になったが
路面が濡れていることで、幾分かスピードが増す!!

これは行けるかもしれない!
さぁ来た!クライマックスだ!!

そしてこの辺りで雨も止んできた。
早く着きたい一心でペダルを回していた。

上っている傍ら、ふと目をやると・・・・
さっきまで進んできた絶景道と海が望める素晴らしい展望!
ここから見ても、やはりセタカムライン。美しい道だ。

吾が愛車とも一枚📷

これを上り切ればようやくゴールへ!
幸いなことに、晴れ間が顔を覗かせている!!
友人も思わずガッツポーズ!

なんたって今日の最終目的地と言える場所に来たからね。
自転車を停めて、さあ神威岬まで行ってみよう!!
実は13時台のバスは最終ではなく、15時台が最終らしい。

ということでゆっくり楽しむことができる!
神威岬は、今まで見てきた岬とは一線を画す絶景だった。
かつての女人禁制の名残。
この門を進むと威風堂々とした岬の姿が!!

この先端まで行くことができる。
見るからに面白そう!!

進んでいくと、今までとは一線を画す積丹ブルーの海が広がっていた。
荒々しい大地とのコントラストが心を奪う!!
言葉が出ないほどの絶景。

青いなんて次元じゃないぞ!

岬の先端は、すごい強風!!
大自然を目で見て、肌で感じる・・・。

折り返していく。
積丹と泊の両方を見ることができる絶景ポイント!

かなり突き出した半島だからこそ見れる景色だ。
そして綺麗で繊細な海とは対照的に力強い大地が思いっきり目に入ってくる。

木々がなく、草原が広がっていることで大地の稜線が強調されていることも特徴的です。

どの角度から見ても息もつかせないほどの絶景の連続が待つ。

大満足の神威岬!
黄金岬も積丹岬も、そしてこの岬も全く違う積丹の風景を見せてくれた・・・。

しかし、自転車のキーロックを外して輪行の準備をしようとしていた時、突如の大雨!!
我々は素早くレストハウスの空きスペースに避難する。

間一髪だった!この時岬の先端にいたらどうなっていたことか・・・!?
今日は総じて運が良い!

雨が止むのと同時に、強い風に揉まれながら輪行の準備を始める。
こんな辺鄙なところからバス輪行ができるなんて最高!!

北海道の都市間バスは、本当に充実していて札幌や旭川、帯広、小樽なんかを経由すれば
かなり小さい農村にでもアクセスすることができる。
この交通網は、我々チャリダーにはものすごく助かります。

あとはバスに乗るだけ!そして、このまま余市まで行くはずが・・・
実は昨日、小樽で晩御飯を食べた時にお店にカメラの保護フィルターを忘れるというボケをかまし、一人小樽へ戻ってきた。

無事に回収し、電車か自走か迷ったけど
せっかくだから自走を選択。このあと雨に降られる・・・・
余市へ入る直前で、日没を迎えます。

体力的にも精神的にも結構きていたけれど、こんな場所で日没を迎えるなんて
二度とないかもしれないからカメラを回す!
非日常的な時間。北の果ての日没に一人。
なんか不思議な感覚だ!

もう明日で最終日。
夕日をしっかり見るのは最後かもしれない・・・・

そして明日は完全に雨予報。
自転車で北海道を走る喜びを感じられる最後の時間を大切にしよう!
小樽から余市まで15km走り続け、温かいおばあちゃんが営むライダーハウスで床についた。

〜5日目(最終日)に続く〜

2 件のコメント :

  1. おはようございます。
    神威岬!懐かしい!
    私も行きましたよ、かれこれ10年以上前の話ですが。
    天気急変で雨に降られたことも一緒です(笑)
    にしても、忘れ物回収は大変だったかも?ですが、そのお陰で、この夕焼け!
    ナイスショットです。
    この一枚のために忘れ物したんだ!と思いましょう(笑)
    でわでは、今日も良い一日を!

    返信削除
    返信
    1. 北海道を旅する上ではやっぱり行きたいスポットですよね!
      北海道の天気予報は、本当にお天気占いなので笑います。😁
      田邉さん曰く、トラブルは旅のスパイス!笑
      精神的には結構辛かったけど、楽しめました!!

      削除

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter