My Best Contribution

【総集編】登山ツーリングで会った日本の山景30選

2017年9月18日月曜日

【北海道道央旅】積丹ブルーを求めて〜黄金岬・積丹岬〜

            
4日目です。とうとう旅の折り返し。
エメラルドの海が美しい島武意海岸。

今日は「積丹ブルー」と呼ばれる宝石のように美しい海を求めて、三つの岬と一つの絶景道を目指すサイクリングです。
本日のコースはこちら
(小樽〜積丹岬・島武意海岸〜セタカムイライン〜神威岬〜余市)


早朝5時、旅に出るといつもこの時間に起きてしまうのが私の癖…。

そして、一番気がかりだったのが天気を確認する。
5日間のツーリングで2日も雨なんてたまったものじゃない!

と思っていたら見事に降っていない。
午前11時ぐらいまでは雨が降らないとの予報も信じて、本日も早朝6時
前に出発した!
二年連続でお世話になっているライダーハウス小樽。
小樽における二輪乗りの一大拠点となっている場所!


まずは国道5号線を余市を目指して走っていく!!
多少のアップダウンこそあれど、基本的には緩やかなコース。
そして余市に入ると、青空と共に広い日本海が出迎えてくれた!!
(看板邪魔w

余市町のシンボルである「ロウソク岩」
ここに沈む夕日が綺麗らしい。
というか、なぜこんな不思議な形になるのか?不思議だ・・・。

余市の町中を過ぎると、天候がいきなり回復!!
曇りという予報はどこへ行った??
嬉しい誤算!!(満面の笑み

日が出てきて少し暑くなってきたのでダウンを脱ぐ!

昨日の午前中までいた美瑛では、早朝はダウンがないとやっていられなかったが
こちらでは丸っきり温度感が違う。
広大な北海道においては不思議な話ではないですね。

ということで、余市のセイコマではメロン&ミルクソフトを頂く!
冷たくて甘くて本当に美味しい。

どんな小さい町にも必ずあって、バラエティーに富んだ地域のファストフードで旅人を迎えてくれるセイコマは素晴らしい!
そして、ここのオリジナル商品って本当にクオリティ高い!!

さぁ、ここから古平までは真っ青な海のすぐ近くを走っていく極上の快走路!
う〜ん、気持ちいい・・・
爽快だ!!ビュンビュン飛ばしながら心地よい潮風を受けて、広大な海を眺めて走る。

北海道へ来てからというもの、山を中心に内陸ばかりを攻めていたので
ここらあたりで海を堪能したいと思っていた。

前回の北海道ツーリングで、プランに組み込もうか迷った挙句止めてしまったこの積丹半島。
しかし、憧れだけはずっと残っていて、やっと来れたという感じ!
このルートに来ることができて本当に良かった。

すると一つ目の目的地の黄金岬が見えてきた!
あの少し変わった島の対岸にある岬だ!(分かりにくいかな…

岬への入り口に自転車を止めて、徒歩10分。
綺麗な入り江が私たちを待っていた。
海岸のスケールが桁違いだ!今からあの大地の果ての岬まで走るんだ・・・。

そして積丹の海は本当に青いのだと知る!
いつもはどこからが海か空か分からなくなってしまうくらい両者の色って微妙なんだけど
こちらでは明瞭にその境界がわかる。

上空から撮影すると、ハート型の形をしているらしい「宝島」
故に恋人の聖地の異名もあるそうです。
海の青と、木々の緑が入って癒される風景だ。

さて、黄金岬でゆっくりした後、私たちの前に立ちはだかるのは今日一番の上り!!
標高は150m程しかないけれど、やはりスケールが違う北海道!
そこそこ長い上に、結構きつい上りでした・・・

これを越えると基本的には下り。ところどころ微々たるアップダウンを越えていく〜

こうしたロングストレートのダウンヒルが、北海道の道の醍醐味!!
ノーブレーキ&フル加速で走ることを最大限に楽しめます。

そ・し・て
とうとう海岸沿いの道へと出てきた。
もう両岬とも目と鼻の先だ!

積丹岬までの海沿い区間。
清々しいまでに広々とした海岸道路だった!!
ビュンビュン加速して楽しいが、ここを後から折り返すときには逆に向かい風に苦しめられることになる・・・。

そして、ここから積丹岬の灯台までのラストスパート!
岬という以上、上りがあることは覚悟していましたが、これほどとは…!!
久々の斜度20%超えの道・・・。
脚と心肺が悲鳴をあげる!!

久々の感覚。暗峠や小豆島スカイライン以来の超高負荷だった!

しかし、なんとか足付き無しで上り切り、灯台を越えると・・・・・
積丹の大地と果てしない海を俯瞰する最高のパノラマが待っていた。

広大だ。別世界にいるようだ。
切り立った大地が自然の荒々しさ・ありのままの姿を物語っているよう・・・
今回の旅は山のみならず、海の圧倒的なスケールも楽しめた!!

せっかくなので自転車も入れて撮影!
チャリダーは来た証を残そうとする生き物。笑

先ほど上った道を折り返していく!


さっき上ってきた道が如何にヤバい道か分かったきました。(笑)
本当は素直に駐車場に停めて歩くべきだったかもしれない!

それくらいにタイトターンと激坂の道。

そして前半のクライマックスへと足を運ぶ。
さっきいた島武意海岸だ。

ここは実は降りることのできるスポット。
渚百選にも選ばれている宝石みたいな海がこちら!
美しすぎる・・・・・・・・・。

これが真の積丹ブルーか!
黄金岬の比じゃないぞ・・・!!

奇岩と緑の植物と、何といっても、とてつもなくコバルトブルーの海が織りなす絶景中の絶景。
まさに一つの庭園として完成されているような景色。
この景色の中に無駄なものは一つとない・・・・・

こんな綺麗な浜辺がいきなり現れるなんて・・・

思わず見入ってしまった。
そして写真を撮る手が止まらない!!
半端なく美しい・・・。
積丹ブルー=宝石という方程式は正しい!

これも記念に!
自転車ですぐ近くまでアクセス可能です。
この海岸に行くにはかなり狭いトンネルも走らなければならなくて、それも地味に面白いよ!!

素晴らしい積丹の景色を後にした私たち。
そろそろ11時でお昼だし、積丹に来たのだから名物のウニが食べたい!!

先ほどの分岐点でお店を探します。
一番人気はお休みだったので、二番人気の「中村屋」さん
この時期、積丹産のウニではないらしく、その丼も結構高かったので
ウニ付きの海鮮丼を頂く!およそ3000円也!笑

ウニも海老も甘かったし、脂の乗ったサーモンや、ツブツブのイクラ、カニ・・・
豪華すぎる丼を最高に堪能した!!
が、早く食べ過ぎてもう少し味わっておいた方が良かったかな…苦笑

〜4日目後半へ続く〜

0 件のコメント :

コメントを投稿

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter