My Best Contribution

【総集編】登山ツーリングで会った日本の山景30選

2017年9月16日土曜日

【北海道道央旅】戻ってきた北の大地

            
待ちに待ったこの日がやってきた!!
今年の一大ツーリング、北海道。

昨年、大学4年生のときに初めて行って以来だ。
戻ってきたぞ!!北の大地。
富良野〜美瑛の「ジェットコースターの道」
北海道の圧倒的なスケールを感じる道。


今日は神戸空港〜新千歳空港、札幌〜富良野への移動日。

自転車で走る時間は短かったが、北海道の大スケールを楽しめたし
ご当地グルメや北海道らしいコミュニケーション・・・

昨年を思い出しながら、素晴らしい旅の始まりとなった。
本日のコースはこちら


さて、その前に、まずは今回の旅で初めて行う試み。
その名も「飛行機輪行」
名前の通り、飛行機に自転車を積み込んで移動するというもの。
普段、電車・バス・車では輪行に慣れている私も、こればかりは少しハードルが高い!

というのも規定の長さを超えると超過料金が発生しそうな上
いつもの前輪だけ外す輪行とは違って、前後輪を外さねばならず、慣れていないのとディレイラーが剥き出しで扱いが繊細になる。

平日の仕事帰りで散々練習をして備え、空港でモタついていいように当日はかなり余裕をもって早朝4時半に出発!
と言うより、ワクワクした気持ちが勝ってしまってあまり寝られなかっただけなのだけれど…(笑)

神戸空港に着いたのは6時半。
出発の2時間も前だ!
何度も使っている神戸空港とスカイマークだけど、自転車は初なので少し緊張。

さっそく手荷物預けカウンターへと向かう。
自転車は機械に通せないので、目視で確認!!
長さは計測されず、検査員さんも慣れていて素早く終わった。

その上、申告すればどの面を下にして置いて欲しいとか指定できる。
重量も規定の15kgよりかなり余裕がある!

結論として、スカイマークの場合、前後輪を外す輪行袋に入れれば
キャリーバックを預けるのと大差ない。

超過料金も発生せず、短時間で遠い場所まで自転車ごと一気にワープできるため
利点しかないということが分かりました。
今後も飛行機輪行を定期的に利用したいと思う!!

強いて難点を言えば、普通の輪行袋だと布の強度が弱いので
袋に少し亀裂が入ったくらい・・・
これは破れそうな場所に、予め内面からガムテープ等で補強すれば防ぐことができそうだ。

さて、愛車の搭乗を見届けようと
すごく丁寧に扱ってくれていたので安心です。

そこから2時間ほどで新千歳空港へ。
本当に楽だ!学生の頃、フェリーで行ったことがあるが20時間ほどかかった覚えがある…
料金はほぼ変わらず時間が18時間も違うならば、今後は飛行機輪行一択かもしれない。

まあ船には船の良さがあるのだが、社会人の時間のなさを考えたらやむを得ないですね。

新千歳空港から札幌までは電車の輪行。
普通に置きやすいスペースがあったので助かった!

さて今回、旅を共にする大学時代からの親友とは千歳の駅で合流!
彼は愛知県在住なので、中部国際空港から新千歳まで飛行機
ということで現地集合にしました。

どうも彼は前日入りし、本日の早朝に日本一綺麗な湖と言われる「支笏湖」まで往復50kmのサイクリングをしてから合流した模様。
早くも羨ましい!!自分も早く走りたいっ!

札幌駅では、バスの乗り継ぎの傍で昼ごはん。
時間がなかったので、近くにあった汁なし担々麺屋さんへ。
山椒のしびれと香り、独特の甘いタレが平打ち麺に絡んですごく美味しかった。

味噌ラーメンとして認識されがちな札幌ラーメンですが、最近は様々なニューフェイスが参入し、非常にラーメン激戦区になっているみたい!!

食べ終わり、時間的にはタイミングばっちりで、札幌から富良野へのバス輪行。
今日1日で、飛行機・電車・バス全ての輪行が完了。笑
そして・・・
富良野に到着!!
交通機関を駆使すれば、1日でこんなところまで移動することができる。
つい6時間前には神戸にいたなんて考えられないです。

ここから、北海道というか富良野・美瑛特有の開けた大平原地帯を堪能しよう。
昨年に北海道へ来た時も通った道・・・
その圧倒的なスケールのなか、周囲の景色や雰囲気に感動しながら進んでいった
あの素晴らしい思い出が蘇る!!

あぁ、来て良かった・・・。
こんなにも走るという単純な行為で感動できる場所「北海道」

夏には多くのライダーやチャリダーがツーリングを志す北の大地。
その根本的な理由は、この『走る楽しさ』にあると思う。

そしてその感動を、旅人同士で共有し合うことで仲良くなり
素晴らしい一期一会の出会いがある!
北海道のツーリング文化を支えているのが、この『走る楽しさ』なのだ。

ラベンダー畑はシーズンオフ。
その代わりに色とりどりの花たちが綺麗な花畑となって出迎えてくれた!


そして、旅の醍醐味は「走る」という行為に留まらない!
これが第二の理由。北海道の食だ。
富良野の有名なメロン園「ファーム富田」


広い北海道では、地域地域や都市ごとに名物料理があり、特産物がある。
それを食べることを目的に各地へと足を運んで旅をする。
自転車でツーリングする際においては特に補給は必須!!

地元のものを食べながら、北海道の絶景を見て回り、雄大な大地を駆けるサイクリングを楽しむ。
初日から、このツーリングの醍醐味を十二分に味わう内容となった。
メロン一切れで300円!
完熟ですごく甘い最高の補給。


実家へ郵送!自転車旅ではお土産は基本的に荷物になるので買わない。
しかし、このような時は郵送するのが手だ!!


さてさて、15時半に富良野駅をスタートした私たち。
ここまでで1時間も使ってしまった・・・。

なんと北海道はこの時期に17時半過ぎには日没ということで先を目指す!
日没前には富良野・美瑛における有名な道「ジェットコースターの道」へは行きたいところ。
相変わらず素晴らしい平坦が続く・・・


北海道は米が最盛期を迎え、金色の稲穂畑。
その奥にある丘が北海道らしさを演出していて良い。


以前通った、深山峠(みやまとうげ)まであと少しだが
この峠に至る直前で国道を離れる。


すると、どこまでも続くと錯覚するような直線道路地帯を上っていく。

後ろを振り返ると!
ジェットコースターの道への伏線・・・
これ以外にも、周囲には真っ直ぐな道ばかり。

北海道の大平原だからこそ通すことができた圧倒的なスケール感の道の数々!
これを、これを楽しむために来たんだ。私たちは・・・
走る喜びや感動。それを感じずにはいられない道がそこにはあった。

するとここで素敵な出会いも!!
一人のライダーが通り過ぎて行ったかと思うと、戻ってきて写真を撮って欲しいという。
津軽弁の青森ライダー。

なので私たちも記念に撮ってもらった!
こんなとことで二人写っている写真が撮れたのは良い思い出となる!


やはり、北海道を旅する二輪乗りはもはや同士と同じ!!
とても話が弾む!
どこから来たのか、どこへ行くのか、どんなところへ行って何が楽しかったか・・・などなど話は尽きない。

こうしたコミュニケーション。これも北海道を旅する醍醐味!
二輪同士がすれ違ったら手を振り合って挨拶する。
そんな素晴らしい文化が根付いている地だからこそ、多くの旅人が集うのだ。

ライダーと別れて、あと少しのジェットコースターの道を目指す。
アップダウンに富んだ丘陵上の道を駆けていく。


もう夕暮れだ・・・。美しい空を眺める。


この坂を越えたら、もうすぐそこだ!
なんとか日没前に間に合いそう。


そうして、いわゆるジェットコースターの道へと辿り着く。
もう辺りはかなり暗くなってはいるが、その迫力と絶景は健在だった。
丘陵上でうねった道を十勝連峰と大平原を遠望しながら進んでいく。


このアップダウンとひたすら続く真っ直ぐがジェットコースターと言われる所以!
吸い込まれるかのような道を自分の出せる最高スピードで進んでいく。
北海道の道は真っ直ぐが多いし、路面状況も良いので
ブレーキを使うことが少ない。

60km/hほどのスピードで下る爽快感はたまらない!!
大自然の中を、圧倒的なスケールを・・・
北海道を感じて走る至福の時間。

ここで日没を迎える。するとジェットコースターの道の看板が!


大平原の中にポツンと木があって、この対照的な情景だけで心奪われる・・・。

ジェットコースターの道を越えると再び国道へ合流。

辺りは真っ暗だ。そして少し寒い。
9月といえど、こちらの11月並みの気温がある北海道。

さて、以前も通ったことがある花人街道だが、特段素晴らしい景色はない。
しかし、相変わらずの道のスケール!

夜にこんな場所を走っているという非日常感。
そして、より辺りへの注意が敏感になり、集中力が高まる夜のサイクリング。
ここまで含めて全旅程が楽しい!!これは自転車旅ならではの満足感。

さあ、もうすぐ美瑛市街だ!
真っ暗な道を抜けて、街の明かりを見た時の達成感と安心感はすごい!


小さい街だが、メインストリートは明かりが灯され温かい雰囲気。
この後、お風呂へ行く時や買い物に行く時にこの道を通る!
深夜も明かりがついているのはとても有難い。

夜ご飯を食べるところが見つからず困っていた我々だが、ふと一軒のレストランを見つけた!!
「だいまる」さん。

食べ終わって帰る家族のお父さんが「美瑛ではこの店が一番美味い!!」
と教えてくれた。
地域の方がとのこうしたコミュニケーションも好きだ。

メニューを見てみると極力、美瑛産にこだわった料理が並ぶ。
私は美瑛のB級グルメ「美瑛カレーうどん」の焼きバージョンを頼んでみた!
地元で採れた野菜がゴロッと入っていて、とろけるチーズと優しい味のカレー・・・
とても美味しかった。

そして美瑛の牛乳を使ったプリンも最高でした!!

町に一つしかない銭湯。
地域の憩いの場だ!


そして明日の補給を買いに行く!
北海道に来たからには、買いに行く場所は一択だ。

その名も「セイコーマート」
北海道で圧倒的シェアを誇るコンビニ!!

地域限定商品もズラーッと並び、驚異のコストパフォーマンスの商品の数々・・・
スポーツウォーターはアクエリアスより個人的に好きだし、2ℓで150円
シュークリームやメロンゼリー、ミルクも中なんかも美味しい。
おにぎりは、山わさびと筋子が好きだ!

このコンビニひとつで、ご当地グルメ。
と言うよりご当地ファストフードが揃う!!
この旅において、最もお世話になったのがこのセイコーマートです。

このまま今日泊まる宿へ
その名も「ライダーハウス蜂の宿」

実は北海道のツーリング文化を支える根幹をなすのが、このライハの存在!
北海道では二輪の旅人が無料〜1000円程度で宿泊することができる施設だ。

その地に住む住人の方、かつて二輪乗りだった方々がご厚意で開いてくれている施設。
ここに多くの旅人が集まり、一緒に談笑しながら旅の情報を交換し合う!
ここでの一期一会の出会いが旅を彩ってくれたりする。

そして、一番お金がかかる宿泊費が浮く!
とはいえフェアトレードで、その分寝にくい要素も多々あるのだが・・・。笑
せっかく北海道に来たのなら、全てライハ泊が私のスタンスです。

ということで、旅の1日目が終了。
走る時間は短かったが、北海道らしい要素は全て満喫できた1日。

〜2日目に続く〜

2 件のコメント :

  1. おはようございます
    いや~最高ですね北海道!
    特に2輪車での旅人にとっては天国!ていうか別世界!
    写真からも、スケールの大きさ伝わります。ナイスショットです。
    しかも、グルメ!出会い!良い温泉(この日は銭湯ですが)
    最高のスタートですね。
    明日以降も期待してます。
    でわでは、良い一日を!
    ・・・・

    私は今日は映画ばかり見て過ごします・・・台風なので・・・
    あ~走りたい

    返信削除
    返信
    1. おはようございます!
      やはり病みつきになるほど楽しい場所ですね北海道。
      おっしゃる通り別世界が広がっていて、写真でそれが少しでも伝わっているのなら嬉しいです!!
      本当に充実のスタートが切れたのですが、最後まで素晴らしい5日間だったので楽しみにしていてください!

      台風なので、色々と辛いですよね・・・。
      自分も明日晴れれば1dayでどこか行こうと思いますが、今日はブログの更新と家の掃除かな〜

      削除

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter