2017年8月25日金曜日

南九州ツーリング最終日 余韻の桜島と回顧録。

            
とうとう南九州ツーリングも最終日。長く険しい旅の終わりです。
感慨深い・・・。そして名残惜しい。

最終日は、行きに通った志布志〜桜島のほぼ同一ルートを戻るコース。
なので新鮮なものはあまりない。

しかし、それだからこそ何だか懐かしい気持ちに!
つい10日前に、この道を走ってツーリングが始まり、そこから屋久島〜指宿〜霧島と繋がっていく・・・

本当に充実していたツーリングだと振り返る。

まずは桜島周辺から
桜島一周道路。南側は青い海を見渡す爽快なライディング!

荒涼とした中岳等を仰ぎ見る。まさに険しい火山。
現在も立ち入りは禁じられている!

火山の山麓は緑生い茂り、海の色と相まって宝石みたいな風景。
思わず見とれてしまう・・・
面白い形をした入り江はきっと溶岩が流れてできた証。

道はこんな感じです!

上の火山と下の緑が合わさるとこんな感じだ!
普段見慣れない景色を楽しむのが自転車旅の醍醐味でもある!!

行きでも紹介した絶景区間。
深い青と桜島、快走路が入り、最高のツーリングポイント!

帰りも「みなと食堂」さんへ寄ってしまった!
それほど美味かったカンパチの漬け丼。

行きに来たことを覚えていてくれてサービスもして頂いた!
最後まで人の温かさを感じた旅だ。

行きに爽快なダウンヒルをした場所を今度は駆け上がる!
真っ青な海をバックに、天気も素晴らしい!!

鹿児島名物と言えば、やはり白くま!!
鹿屋で元祖白くまを食す。

すごく甘くてフルーツがゴロゴロ入っていて贅沢!
今日みたいな暑い日にはピッタリの休息だった。

やはりだいぶ南の鹿児島は、南国感漂う所が至るところで出てくる!

道の駅「くにの松原」のカブトムシ。
愛車とのツーショット、格好いい!笑

少し早めだが、フェリー到着!
志布志は特に回るところもないので、待機。笑



桜島に始まり、屋久島、指宿、霧島と
鹿児島を堪能し尽くした旅になりました。
本当に鹿児島は良いところ!

特に、イルカゲストハウス・みなと食堂
(以下、屋久島)ライダーハウス止まり木・民宿ぽんかん・こもれび、など
最高に温かい人たちが旅人をもてなしてくれたところが本当に嬉しかった。

さて、今回の旅程をまとめると
こんな感じ、総行程はこちらhttps://www.strava.com/routes/7832971

1日目 大阪南港コスモターミナル→志布志港(さんふらわあ)


2日目 桜島(湯之平展望台)、イルカゲストハウス



3日目 鹿児島港→宮之浦港(屋久2)、西部林道(世界遺産)



4日目 モッチョム岳(940m)、平内海中温泉



5日目 縄文杉、宮之浦岳(百名山1936m)



6日目 太鼓岩(1070m)、白谷雲水峡



7日目 岳南(屋久杉工房)、宮之浦港→鹿児島(屋久2)→指宿(輪行)



8日目 砂蒸し温泉、開聞岳(百名山924m)、薩摩今和泉→国府(輪行)



9日目 霧島神宮・温泉郷、霧島高原、韓国岳(百名山1700m)、隼人→桜島(電車輪行とフェリー



10日目 桜島→志布志港→大阪南港コスモターミナル(さんふらわあ)



おおよそ予定通りで、予備日に指宿を入れることができた。
雨が降っても気合いと根性があれば、なんとか乗り切れるものだ。(笑)

思えば、今回の旅はかなりハードだったし
自分たちの準備不足がよりハードにさせていたと痛感している。(笑)
特に山小屋にシュラフ&マットなしで乗り込んだのは自殺行為だった…。

運良く他の登山客の方々に助けて頂いたが
それでもギリギリの状態で、ほぼ一睡もできず、寒さに震えて一晩を過ごした。
途中何度か意識がとんだが、それが睡眠だったのかどうかは分からない。
これから先、中々これ以上過酷なことはないだろうと思う。
実際、生きて帰れるかどうか危機すら感じた時間であった。

これからは、ちゃんと装備を整えてから登らないといけない、と身をもって戒めを受けたのである。

助けて下さった登山者の方々、本当に本当にありがとうございました。
早朝出発していないAさん(男性)とも写真ご一緒したかった!

さて、今回のツーリングは事実上
山登りがメインになってしまった。
というのも、屋久島は自転車で走るより山登りの方が圧倒的に楽しいからだ!

よく屋久島一周が話題にあがるが、それほど面白いコースではない。

民家が一つもなく、アップダウンが激しい西部林道周辺は、屋久島らしい壮大なスケールの自然を感じながら走ることができる。

しかしそれ以外は、快走路だがそれほど面白くない。
海が見える区間もほぼないのだ。

だから、一応屋久島を一周したが
それがメインではなく、あくまで屋久島の各所を回るついでに一周しただけである。
それで良かったと思っている!

とはいえ、面白い西部林道周辺も要注意!!
アップダウンがかなり激しく、ある程度走れる人でないとオススメできない。
そして、補給する箇所や街灯が全くないのである。
この西部林道で雨を迎えて日没までに到着できないと絶望的だ…。
自分たちが若干そんな状況でした・・・。(笑)

話がだいぶ逸れたけれど、屋久島の山は楽しい!
メインとなる山は主に三つ
宮之浦岳・モッチョム岳・愛子岳である。
時間の関係上、最後の愛子はパスしたが、それなりに眺めは良いらしい。

私が登った前二者は、かなりハードではあったが、群を抜く眺望を見ることができた!!
山に登ると、大体晴れる運の良さが自分の取り柄(笑)

ともかくもハードな日程。
いつも一緒についてきてくれる後輩も、よくこなしてくれた!!
これで学生最後の長旅は終了である。

しかし、社会人になっても冒険は終わらない!
長期が取れないなら短期で楽しめば良い!!
アルプス登山や日本各所の絶景道路、キャニオニング
したいこと行きたいところは沢山ある!!
これからもどんどんチャレンジしていきたい。

また思えば、最高の後輩に恵まれ
旅先ではたくさんの良い出会いや縁に恵まれた。
これらが、特に私の大学生活の最後の年を鮮やかに彩ってくれているカナヘイきらきらカナヘイきらきらカナヘイきらきら
これからも、そういう人とのつながりを大事にしていきたい。
そして困っている人を自然と救けられるような人になりたい。

4 件のコメント :

  1. SECRET: 0
    PASS:
    旅、終わりましたね・・・
    私は去年の5月に行ったのですが、帰りのフェリーで、
    ��10日以上休めることは、もう無いかも・・・)
    と黄昏てました(笑)
    にしても、色々語りたいので、また小豆島に来てください。トロッコ道が・・・とまり木のねーさんが・・・岳南が・・・縄文杉が・・・ネタ豊富です。
    山小屋では永眠の可能性も有ったみたいですね・・・ヤバかったです。でもでも、この経験が役に立ちますよ!
    助けていただいた登山客の方も似たような経験してるからこそ、エマージェンシーシート持参だったんです。
    こんどはブログに書いてある通り、経験生かして助ける側に回ってあげて下さい。山、自転車、仕事、色々と。
    ��してもらって嬉しかったことを、相手にしてあげたら、世界は上手く回ります)
    って思ってます。
    でわでは、これからも良い旅、良い人生を!

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS:
    ��ライツボさん
    田邉さんらしいお言葉!
    「してもらって嬉しかったことを自分が実践する」
    実際に有言実行しておられる田邉さんだからこそ、言える言葉!!
    自分もそういう人間になれるように努力していきます。
    自分も屋久島ネタは新鮮で豊富です、おかげさまで(笑)
    社会人になっても小豆島は1年に1回は行くので、またお世話になります。

    返信削除
  3. SECRET: 0
    PASS:
    見たよ~ 役に立てて良かったです!
    我々が行けなかった宮之浦岳を見せてくれて、ありがとうございます。
    また、何処かで会える日を楽しみにしています。

    返信削除
  4. SECRET: 0
    PASS:
    ��neko1414neko1414さん
    お久しぶりです!ブログ見て下さりありがとうございます!!
    更新が遅くなってごめんなさい。内容が濃かったもので、、、。(笑)
    というか、実際にお会いしたときに比べて口調がすごく丁寧になっているのが意外っす←(失礼)(笑)
    あのときは本当に助けられました。
    ものすごく感謝してます!!
    この恩を宮之浦岳の写真で返せれたら...(笑)!
    またどこかの山でお会いできると信じてます!!
    あのメンバーみんな揃うのは難しいですが。
    あのとき、みんなで過ごした時間は一生の思い出です!!

    返信削除

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter