My Best Contribution

【総集編】登山ツーリングで会った日本の山景30選

2017年8月16日水曜日

南九州ツーリング3日目 大自然と人の温もりでいっぱいの島。

            

屋久島ツーリングは波乱万丈の幕開け。

世界遺産「西部林道」を駆ける。

カーブに入った途端、屋久島の自然のスケールを体感する絶景に出会う。


さあ本番だ!
ようやく屋久島へ入ってきた。

一日目から、晴天の中、屋久島の綺麗な海を堪能できるはずと思いこんでいた我々だが
島の天気は変わりやすく、午後からは予想外の豪雨・・・

結局、それを耐えながら走り続け、厳しいアップダウンの西部林道を駆け抜け、屋久島を何とか半周することができた!

精神的にも身体的にもキツかったが、世界遺産の雄大な自然を自転車で走る喜びと、何よりも島の人の温かさに支えられた一日でした。
(今回のルートはこちらhttps://www.strava.com/routes/7898315


さあ、今日もスタート!!
まずはお世話になった「イルカゲストハウス」をあとにフェリー乗り場へ向かいます!

なんと自転車は先着順で、乗船の一時間半前から受付開始という!!カナヘイびっくり
朝っぱらから少し気疲れする状況(笑)
フェリー・屋久島2と愛車KHS CLUB2000

他に「ハイビスカス」という便利で格安なフェリーもあるのだが、評判が悪すぎるためこちらを選択!!
やはり快適さと安心はお金に換えられない。笑

昼過ぎに屋久島の宮之浦港に到着!
船から顔を覗かせる屋久島も、なるほど大自然の山の島だ!

予想外の雨が降っており、先行きが不安になる・・・。

まあしかし、雨が降っているからといって、雨宿りして時間を潰すのも勿体無い!
自転車で走るしか選択肢はないのです。
だって『自転車』で屋久島に来たのだから。笑

雨のなかツーリングをスタートです!!

その前に、まずは昼ごはん。
白谷雲水峡へ向かう途中にある『こもれび』さんへ
とてもお洒落な外観だった。

実は、この『こもれび』さん。
私のお気に入りの小豆島のライダーハウス『ライハのツボ』のオーナーが絶賛するお店カナヘイきらきら
屋久島に行ったら確実に行くべきだと主張する名店だ!

そして、このお店には観光客があまり来ず、地元の人が好んで利用するらしい。
そういう穴場なスポットを前もって知れて良かった!!
ライツボのオーナーさん!ありがとう〜さすがっす!

頼んだのは『ライスのかくれんぼ』
お好み焼きのなかにバターライスの層が挟んである。
加えて私は、豚バラ肉を追加トッピングした!

これがもうめちゃくちゃ旨い(*´∀`)
特に自家製ソース。
鋭いパンチのある風味のあとに、スパイスが香る!!
サバの出汁もしっかりと感じた。

加えて大阪であるようなトロトロな感じでなく、ホットケーキみたいにしっかり焼き上げてある!!
こっちのが好み(^O^)
そしてバターライスとお好み焼きって良く合う!!!

さて、前述した『こもれび』さんに来るに至った経緯を伝えると
タンカンとイソモンの味噌和えをサービス

かからん餅のぜんざいもサービス

実は、お好み焼きもチーズをサービスしてもらってます(笑)

どれもこれも屋久島の特産物ばかりで本当に美味しい!!

そして『こもれび』のお母さんが素晴らしい・・・。
学生が来たら応援したくなるということと、実際に訪れたことのある人から話を聞いて来てもらったことが嬉しくてサービスしてくれたとのこと!!

こちらも、おかげで旅の最高のスタートを切れました!
ありがとう!また来ます!

さあここからがヤバい(笑)
かなりの大雨で走り出すのに躊躇するけれど、ゴールはまだまだだし立ち止まっても仕方がない。
とりあえず走り出さなきゃ!!

ずぶ濡れになりながら何とかガジュマル園へ

しばしの雨宿り〜・・・
あっという間に見終わりましたが、かなり面白かった!カナヘイきらきら

ガジュマルも色んな形のものがあって、飽きることがなく毎回とても新鮮!!
そして力強く生きているという言葉がぴったりで、屋久島の大自然の力を象徴しているよう。
見応えがあります。

さあ雨は強いが動き出す!
屋久島は天気が変わりやすいって言うし覚悟してたことや!!
こんなことで負けない!!

途中、一湊灯台へ
うん!まだ寄り道するだけ元気があるね(笑)

南国感丸出しのコース(笑)
なかなか楽しかった!
雨で精神的に少しきてたので無表情でしたが・・・(笑)

いつならとても綺麗なのだろうが、雨で屋久島ブルーが見えず若干残念だった。

写真もそれほど撮ることなく先へ進んでいきます!
すると、なんだか晴れ間が・・・!?


そして、ようやく晴れてきたーーーっ!!晴れ
カーブに差し掛かった瞬間の絶景に息を呑む。

雲の遥か上にそびえる宮之浦岳(1936m)
「二日後、あの雲の上にいるんだ」と胸が高鳴る・・・。

天気予報では、夜まで雨が降るはずだったが嬉しい誤算!
ほんと、天気予報あたらんなあ〜、この島。(この後もそうでした。笑

そこから屋久島の外周コースで一番の山岳コース・西部林道へ
この時点で既に17時すぎ。外灯も全くないし、車もほぼ来ない。

独占状態なのは嬉しいが、時間的にヤバイか・・・
先を急ぐ!

この西部林道はヤクシカのパラダイスだった。
30頭以上は目撃したかな〜!?
それくらいに沢山いる。というか物珍しそうにこちら側をみんな見てくる。
そして逃げない!ヤクシカと見つめ合う時間が流れる・・・笑

途中、屋久島っぽいところで一枚カメラ
屋久島が特殊なのは、沢がそのまま海に面してること!
このような景色は至るところで見れますることができる。

さあ、かなりのアップダウンをがあった西部林道(約9km)をやっと乗り越えた!!
この時点で18時半。
道が視認しにくくなっていく。

しかし道幅は広く、路面も良い◎
さらに下り基調でロングストレート!
ライトを点けていないが、道路の白線を頼りにスピードを上げて駆け抜けていく!!
これが本当に楽しい。

雄大な自然のなかを駆け抜けていくそのスピード感・景色のスケール・自分たち二人きりで暗闇の世界遺産を走っているという非日常感や冒険感カナヘイきらきら
そんなものが絡み合い、旅の満足度を高めていく!!
最高に楽しい!!
屋久島だからこそ味わうことのできる感情。屋久島に来て良かったと痛切に感じた一瞬。

やっと街灯や街明かりが見えたときは感動大泣きうさぎ
この上ない達成感を噛みしめる。
人里離れた自然界を越えて、やっと町へ辿り着いたのだ、と。
思えば、今日走ってきた50km区間。
スーパーおろか民家一つすら無かった・・・。
完全に人の手を離れた自然と向き合って走ってきたのだ!!

達成してしまえば良かったが、初めて行く人には到底オススメできないコース。
無補給で50km走りきれた自分に敢闘賞です(笑)

そして、本日の宿「ぽんかん」さんへ
夕食を取る場所が周りになく、宿のお母さんに相談したら、隣町の知り合いがやってる店に連れてってくれるという!

しかも車で!!


すごくすごくありがたい大泣きうさぎ
島の人は本当に優しい人ばかりカナヘイきらきらカナヘイきらきらカナヘイきらきら
そういう方々に支えられて、旅をさせてもらっていることを決して忘れてはいけない。

そして、夕食に頂いたのはダツの唐揚げ定食。
ダツはバサパサしてどちらかと言えば淡白だけど
独特の匂いがご飯によく合い、食欲を掻き立てます!!
付属のおでんも味が良く染みて美味しかった!

ごちそうさまでしたカナヘイきらきら
宿に戻ると、お風呂を沸かしてくれていた!
雨に濡れた身体を温めたかったので本当に嬉しい!!
本日は明日に備えてゆっくり休もうと思う。


今日は過酷だったが、島の方々に支えられて乗り切ることができた!
気候条件は良くなく、景色もイマイチだったが、それを補完するように人の温かさが旅に彩りをくれる。

一生忘れることのない一日だったと思います!

2 件のコメント :

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ��こもれび)さん、気に入ってくれて嬉しいです。
    森の中に佇むログハウス!地元魚の出汁で作るソース!
    おもてなし感いっぱいの接客!名店です。
    名店って
    ��地元の方が足繁く通う)
    店だと思うんですよね。☆ついたとか、ランク上位とかではなくて。
    地元民で賑わう(こもれび)さん。名店です!
    ていうか、今日、モッチョムですか!晴れたら良いですね!
    私の時は、山頂だけ霧で何も見えませんでした・・・
    ゴツイ靴、ロングフィンガーグローブ、2000kcalの食料、飲み物1L以上を準備して、私のリベンジお願いします。山頂からの絶景を!
    でわでは、今日も良い旅を!

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS:
    ��ライツボさん
    すみません!返信遅れました!!
    モッチョムは山頂にいるときわずかに晴れました( ・ิω・ิ)
    とても開けて抜群の眺望でした!!
    詳しくは、これから更新するブログで(笑)
    ちなみに、スニーカー・グローブなし・700kcalの食料で登ったという、、、。(汗)
    アホでした(笑)

    返信削除

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter