2017年8月13日日曜日

信州山岳旅1日目 掴め!一瞬の絶景を!!御岳スカイライン

            

まさに山頂の天気は運次第。
1日目はマイナーな超級スカイラインへ。

御嶽スカイライン終点付近でようやく現れた晴れ間。

8月は日本で一番暑い季節・・・
そんな季節に自転車で走りまわりたい。

そんな願いを叶えてくれるのが信州だ!
まさに日本の屋根と称される山岳地帯は、この時期でも雪が残っているほど気温が低い。

「社会人になってからも1ヶ月に1回はツーリングをする!」
と決めている私は、今回の目的地を早々に決めていた。

それは御嶽スカイライン。
終点の田の原天然公園(標高2180m)まで駆け上がる超級山岳道路で、日本の百名道にも選出されているこの道。
スキー場付近のワインディング

なぜかマイナーなのだが、ずっと行ってみたいと思っていた!

加えて、私の大学時代の一番の友達とは概ね同郷という奇跡・・・。
しかも、私の影響で自転車を始め、ずっと中古のクロスバイクに乗っていたが、ついにロードバイクを購入したのだ!

これは一緒に走りに行くしかない。
そこで実家に帰省する傍ら、ツーリングを計画した!


待ち合わせは、長久手のニコニコレンタカー愛知学院大学前店(名前長いw)
今回はレンタカーを使用する。

初めての試み!
料金的にも時間的にも、融通の良さを考えたらこれ一択だった!!
結論。これからもレンタカー輪行旅をしようと思う。

それほどに使い勝手が良く、プランが組みやすい。

早朝8時に出発し、11時半頃に長野県の王滝村へ。
やはり、長野まで来たら信州そばを食べないと!ってことで「一竹」さんへ
佇まいが素敵。この時点で標高が1000m弱ほどあるからか涼しくて快適です。

私は山菜そばで、友人は天ざる(ともに大盛り)
山菜たっぷりで、細いんだけどコシがあり風味も香る蕎麦とダシがよく合う!!
とても美味しいです。
この辺では新鮮な山菜が いっぱい採れるんだろうなあ〜

実は天ざるが羨ましかったのはここだけの話。笑

そこから御嶽スカイライン入り口付近に丁度良いスペースがあったので駐車。
ここからが本番です!


彼のMERIDAライド号と私のKHSクラブ号。

私のKHS号は関西の1DAYツーリングや南九州ツーリング(屋久島・鹿児島)をこなしてきた相棒。
今回もよろしく頼むぜ!

彼のライド号は、今日が初ツーリング。
まだピッカピカでツヤのあり輝く青色のフレームが クールでした!!

さあ、スタートだ!!
前半は非常に緩やかに上っていく。

至る所に山岳宗教の跡が残っている・・・

まさに霊山と言われる山ならではの光景。
この御嶽自体が周囲の人々の生活や文化に根付いていることを示す痕跡です。

まだ家があり、人がいて山岳道路とは言えない感じ。
ただこの道、よく分かったのは緩い箇所とキツイ箇所が散りばめられている道。
なめていると痛い目を見ます。

この付近から林道といった感じに変わり、ただひたすらに上へと続いていく。
まだ標高は低いため、周囲の山は望めない。
に加え、暑すぎる !!!

まだまだ避暑できる区間には入っていないのだ。

雲は多いが、青空は何とか垣間見える感じ。
良かったあ〜、上の景色は大丈夫そうだ!
(これは見事裏切られます・・・。笑 今回の旅は本当にそんな感じ・・・。泣

やっとスキー場に来たあ〜
とか思いながら実はまだまだだった苦笑いの顔・・・

スキー場はまだかあ〜、という心の声との葛藤の中
どんどん天気が悪くなってくる。

突如、開けた区間が!!

ん?あれは・・・
明日行く乗鞍岳ではないか!?
あっも何ちゅうガスで吹き荒れとる・・・。

あちら側にはたくさんの自転車乗りがいるのだろうが、我々より天気で苦しんでいるに違いない!きっと大変な中、頑張って上っているはず。
遠く離れた同志たちを想って、やる気が湧いてきた!!

ようやくスキー場へ突入する。
ここでおおよそ14km。なかなか上ってきたものだ!

かつてスキー場へは車で来たことがあるので何だか懐かしかったが、現在は営業休止で
再開の目処が立っていないらしい。
何だか少し寂しい気持ちになる・・・

この区間に入って突如現れるにが、草原の中を行くワインディングコース。


 日本百名道のページ等でよく使われている風景だ!

あいにくの天気で青空が見えないため、絶景感は半減してしまうが
それでも緑の中を行く絶妙なワインディングに心躍らされた!
もうこれは二輪乗りの病気ですね、はい。笑

ゴンドラの下をジグザグ縫うようにして道は続いていく。
後半の方が斜度がキツイのが、肉体的ダメージと少しだけ精神的ダメージを与える。 笑

かなりの高度感がある。景観的にスキー場が少し邪魔な気もするが。笑

標高2000mほどに来ているだろうか?
 雲に覆われているものの、確かにここはすごい高さなのだと実感する。
そう!雲と同等の高さにいるということ。

しかしここで・・・
 本格的にガスってきた・・・
今までもガスはあったが、周囲が真っ白になるほどではなかった。

山頂に近づくにつれて天気が悪くなる。
よくあることかもしれないが、テンションはガタ落ち・・・

せっかく気がなくなってきた区間でも周囲は望めない。

でもせっかくここまで来たし、ラストスパート行くしかない!

よ・う・や・く山頂ゴール!!!
標高2180mまで来た。距離21kmにして標高差1200m。
数字だけで見ればかなりハード。

ゆっくり行ったとはいえ消耗した!
しかし、ほぼ良い景色が見れなかったため 、内心少しショゲていた。
頑張ったのにご褒美がもらえない子供のよう。笑

御嶽は2014年の噴火以来、登山が制限されており
この田の原天然公園からのルートは行けて9合目まで!
とはいえ、天気も優れないし、時間的にもそろそろ降りる時間。

仕方ない。下るか!
相変わらずガスが充満している・・・

少し下ってきて・・・
おお〜、微妙に晴れている!これは写真を撮らねば!

としていた後、後ろを振り返って私は驚愕(歓喜)した!w
晴れとるやないかい!晴れとるやないかい!晴れとるやないかい !www

何てことだ。5分前はガス地獄だったのに・・・
これは戻るしかない!!絶対絶景が私たちを待っている。

ここから鬼加速で急斜面を上っていく。もう疲れとか関係ない!
アドレナリンのフル分泌モードだ笑

行きに立ち止まった、多分絶景ポイントであろうという場所。
まさしくその通りだった。

御嶽山はまだ雲がかかったままだったけれど、周囲には青空が広がり山岳ロードならではの絶景を楽しんだ!!



 カメラが止まらない。ここぞとばかり撮り倒す。
なんて言ったって今日はこの瞬間しか晴れ間がなかったのだから・・・

 そうこうしてるうちに
 再びガスで覆われる。ものの20分ほどだけの猶予だった。
しかし、その非常にわずかな時間に御嶽スカイラインにおいてかなり良い区間にいた私たのの運の強さが勝敗を決した!

この御嶽スカイラインへのツーリング我々の勝利だ。笑

あとは晴れることのないガスの中を下っていくだけ


行きよりもヒドくなっている・・・
まあでもこれはこれで面白いかな〜
と思える内容。特にこのワインディングがね!笑

だいぶ降りてきただろう。15km以上は走った気がする。
下に来てようやく

晴れ間が見えてきた!とはいえ、御嶽の方を振り返っても何も見えない・・・
やはり山麓と山頂じゃ大違い!

ともかく僅かだが晴れ間も楽しめて良かった。
これだけが心の支えで、これだけが充足感の理由だった!

そしてとうとう



ヴォクシーちゃん発見!
お待たせ!楽しんできたよ!!

この時点で午後6時。非常に良い時間に戻ってくることができた!
ここからは温泉へ入って、ご飯を食べて、乗鞍山麓へ向かうだけ!!
およそ60kmほどある。

まずは温泉「せせらぎの四季」
体を酷使した後の、あったかいお湯がこの上なく気持ち良かった。


木曽の中華チェーン店「喜多郎」にて
牛肉担々麺・豚バラと青菜チャーハンのセット!!

辛さもちょうどよくて牛すじトロットロの担々麺が旨すぎる!!!
チャーハンの完成度も高い。もう最高でした。
結局、乗鞍入りは10時半すぎ。
車で行ける終点「三本滝レストハウス」の駐車場に止めます。
だいぶグネグネで細い道だったけど、なんとか来ることができた!!

すぐに明日に備えて寝ます。
写真には撮れなかったけど(技術がなくて泣
星空が最高にビューティフルでした。
屋久島で見たとき以来かな〜

明日、お素晴らしい日になりそうな予感。

〜2日目に続く〜







メリダ(MERIDA) ロードバイク RIDE 200 マットアントラシート AMR02547 54cm

0 件のコメント :

コメントを投稿

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter