My Best Contribution

【総集編】登山ツーリングで会った日本の山景30選

2017年8月10日木曜日

【1day】福井の極上な海岸線を行く「越前河野しおかぜライン」

            

日本海に入り組んだ極上の沿岸道路に咲く水仙。

ここは越前海岸。

日本海ブルーと奇岩、水仙のコントラストが爽やか

久しぶりに海が見たくなったので、福井が誇る絶景道「越前・河野しおかぜライン」へ行ってきた。
近頃は、関西圏の旧有料道路を巡ることにハマっている!
自転車でいろいろ回ってきたが、自転車乗りが行く峠では満足できなくなってきた。
景観的にも、負荷的にも、充実度も・・・
そこで本屋でバイクや車の本を読み漁っては、何処か面白いところはないかな~
と探すようにしている。
そこでこの道を発見!!
海沿いの平坦基調コースで、景勝地の「越前海岸」と「東尋坊」までつながっている。
旅程を欲張りたい!と思っている私にはぴったりだった。

中々ハードだったが、日本海の景色を堪能する楽しいロングライドとなった!

早朝、気付いた時には敦賀へ向かっていた。
JR湖西線を使う。
東海道本線よりはるかに空いていて、比良山系の山並みや、琵琶湖をバックに高島の閑静な佇まいを眺めるのが好き。

12月上旬の比良山系には積雪が!!
もう冬、というか年末なのか~・・・本当に一年早い!

そして到着しました。
北海道以来だぜ~!戻ってきたよ敦賀!!(笑)

何だかんだ言って接点があるこの地。
学生時代、車の合宿教習を受けたり、北海道ツーリングの最終日にフェリーを降りて京都まで帰ったりと・・・
なんだか懐かしいなあ。
ここから市街地を抜けて、日本海の海岸沿いをひたすら北上していきます!



しおかぜラインのスタートだ!! 
この越前河野しおかぜラインは定評通りの快走路だった。


前半はひたすら入り組んだ海岸沿いを行くルート。
路面の状況は良いし、かなり快適に走ることができる!!
後ろを振り返り、敦賀の町がどんどんはどんどん離れていく~
未だ行った事のない走った事のない地を目指していくワクワク感は堪らない!!
所々小さい港町を通過する。潮風が心地よい。なんか良いなぁ~


そして本格的に越前海岸が近づいてくる!
そして何度も現れる奇岩と、深いブルーの海!!
う~~~ん最高のサイクリングです( ´∀`) 



灯台があるようなので少し上がってみた! 
やはり日本海の海は素晴らしい青。
俯瞰するとそれがさらに際立ちます!!
さて、だいぶ上がって来た。
こういう海沿いからの上りは角度がキツイことが多い・・・
今回も案の定、結構足にくる上りだった。汗 

結構息が上がっております・・・
特に何もなかったが、まあ来た証明ということで。笑
さあ折り返す。
海にダイブしていくような感覚が味わえる下り!!
 とても楽しいが・・・、路面が凸凹使用になっていて少し怖い。斜度も10%程度もあるし!
本格的に沿岸道路っぽくなってきた!!
実を言うと、越前河野しおかぜラインより、それに後続する越前海岸辺りの道が一番素敵でした★

さらに越前海岸に近づくと、越前原産の水仙と海の織り成す風景が素晴らしい!!

ここでしか見られない海と水仙と奇岩の三身一体の風景。まさしく絶景エリアだ!
とはいえ、この水仙、見頃はもう少し先だそう。

昼御飯は、越前ガニを食べたいところでしたが、高すぎて海鮮丼に変更!

北海道で食べたものに負けず劣らずの新鮮さ・美味しさだった!!!
特に甘えびはとろけました。
そして、食事処の女将さんに、帰り際に水仙を頂いた。
この地らしい乙なサービスだ!
そこから毎度の惰性の走りを見せる。
越前海岸から東尋坊までは若干内陸を走るので、景色としてはイマイチだった。
おかげで走ることには専念できたが。笑
総走行距離100kmほどで、ようやく東尋坊へ到着!!
目的地に着いた時の達成感は堪らない!これは自転車特有の感覚だろう。
定評通り、断崖絶壁が広がっていた。歩いて先端まで行けるので面白い! 

迫力があって海に飲み込まれそうな感覚もある。
楽しいけど、少し怖い。不思議な感覚だった!!
太陽で照り輝くのもそれはそれで味がある・・・

 東尋坊の断崖具合も伝わるだろうか。
とはいえ、観光地としては今一つの感じも否めなかった。
越前海岸のついでに立ち寄るくらいがちょうど良かったかな!
加えて、せっかくなので近くの雄島にも立ち寄ってみた!
ここは地質?地形?的に変わっていて方位磁針が狂う場所だそう。
確かに、普段はあまり見ないような不思議な雰囲気や景色があった!


まさに奇岩だらけの島。植物も変わったものが生えているらしい・・・ 
なかなか面白かった!
しかし、ゆっくりしている時間はない!
越前海岸付近で時間を取り過ぎたのと、ここまでペースがあまり上がらなかったから!
わずかな滞在時間だったが、雄島をあとにした。

結局、このあとは、あわら→坂井→福井→鯖江へ自走する。
特にこれといったものはなく市街地をひたすら走っていく。
自転車とは不思議なもので、疲労していてもある限度を越えると楽になる!
よく分からないハイな状態で、夜7時鯖江にゴールした。
本当は敦賀まで自走したかったですが、思いの外時間がかかって断念。
今日は日本海の綺麗な海沿いを堪能しながら、充実した冒険を繰り広げた!
北陸はまだまだ開拓し甲斐がありそうだ。

敦賀→越前河野しおかぜライン→越前海岸→東尋坊・雄島→鯖江 153km

0 件のコメント :

コメントを投稿

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter