2017年10月25日水曜日

【滋賀の秘境】自転車でGoogleマップにない道・絶景のおにゅう峠へ行ってきた。

            

関西が誇る絶景峠「おにゅう峠」へ行ってきた。

滋賀県高島市の山奥に佇む「おにゅう峠」


知ったきっかけは、バイクのツーリング雑誌を読んでいた時に見つけたから!

自転車で様々な道を走る中で、普通の道に飽きていた私。
より刺激的な道、絶景の道、達成感のある道を求めて、車やバイクの情報を読み漁っていました。

そこで、見つけたのがこの「おにゅう峠」


まさに滋賀の山奥の秘境感漂う雰囲気で、紅葉時は本当に素晴らしい景観だった!
関西では屈指の絶景峠だったので、紹介しようと思います。

ちなみに私は新緑時に1回、そして紅葉時に1回自転車で行ってきました。

※実は雪の中「おにゅう峠」を登ったことがあるので、その時の記事はまた綴りたいと思います。

※2017年8月〜10月現在、一部路肩が崩落している場所があり、通行止です。
   残念だけど、今年は「おにゅう峠」の素晴らしい紅葉は見られないかもしれない・・・。



グーグルマップに載っていない。

なんとこの道グーグルマップに載っていない!

理由は舗装化されたのが最近だからだと思います。
その証拠がこの峠の頂上。

左が福井県側で右が滋賀県側となっています。
これほど境目が分かりやすい道はないでしょう!

加えて記念碑も平成15年と比較的新しい・・・

もともと福井と京都をつなぐ所謂「鯖街道」の一つだったこの道が、どういうわけか舗装化され始め、あと数年のうちに福井の小浜まで開通するらしいのです。

福井側は未踏なのだけれども、この滋賀側が何とも素晴らしい峠だった。

この内容は、過去の備忘録にて紹介させていただきます。


新緑のおにゅう峠(2016年10月)

今日は久々の晴れということで、ロングライドへ行ってきた。

目的地は滋賀・福井県境のおにゅう峠!

オフロードバイク乗りには有名ですが、Googleマップには道が登録されておらず、名前の通りおNewな峠です(笑)
しかし、やはり期待に違わず関西では希少な素晴らしい絶景峠だったので紹介します。


癒しの朽木渓流

まずは大原からの山岳を越え、お気に入りの鯖街道を北上!!
相変わらず程良い傾斜で道は広くて走りやすいです。

そして、朽木に入ったところで781号線という細い道を入る。
渓流沿いを20kmほど走りますが、雄大な自然に癒される最高の林道です!
水も綺麗で思わずはしゃいでしまいます(笑)

石の上に寝転がりながらマイナスイオンを感じたり〜♪

こんな川の隣をひたすらポタリングしたり〜♪♪

とても癒しのライドです!
滋賀にこんな綺麗な場所があったのか!?っていう感じ(笑)

途中間違えて、もう一つの県境の三国峠へ行きかけますが、台風の影響からか通行止め・・・(因みにダートw)

マップに道がないため手探り状態でしたが、何とかたどり着けました!
さぁ、これからが本番だ・・・!!

緑溢れる高展望な峠

標高が800mを超える「おにゅう峠」
関西では中々高い峠であり、眺望も素晴らしいです。

尾根上を上がるパノラマルートで新緑も美しくて・・・
長い上りも一瞬に感じました!
交通量も皆無で、自然と自分だけの時間。

この緑溢れる山々にも癒される・・・。噂通りの素晴らしい道だ!

先ほど上ってきたルートが上から見えます。
自分の走ってきた道を見下ろす時って、なんかワクワクしますよね♪

ここが紅葉時に一気に化ける絶景スポット!!
詳細は後ほど!笑

頂上の福井側はまだ未舗装路となっています・・・・。

早く全面開通求む!(切実)
こういう時にシクロクロスやグラベルロードだったらなぁ〜・・・って思います!

日本海側まで臨む雄大な景色を堪能して下山。

ここの難点としては、お昼ご飯を食べるところがないので
おにゅう峠をあとにしたら、鯖街道までひたすら漕ぎ続けるしかないということ。笑

ということで惰性に漕ぎ進め、鯖街道でよもぎそば定食(山菜たっぷりで美味)を食べ京都へカムバックしてきました。

山の恵みを味わうホッとする蕎麦は美味しかったです。


小入谷の紅葉ツーリング(2016年11月)

関西随一の紅葉スポットの小入谷へ行ってきました!
前回行ったおにゅう峠と同一です。

ここは最近、舗装化され、雲海スポットとして次第に有名になっている場所。
関西のカメラマンたちにとってこの場所を知らない人はいないだろうが、自転車乗りの間では意外と知られていません。

場所は滋賀と福井の県境で、町からかなり離れた山奥にあります!
ここに至るまでの朽木渓流も中々の癒しスポットで田舎らしさと秘境感が漂う癒しの林道。
紅葉時には、一際魅力が増すのがこのルートです。

関西屈指の紅葉道路「おにゅう峠」とは・・・

まずは、朽木渓流から〜

鯖街道から分岐して朽木渓流へと入ります!
夏では、マイナスイオンのなか綺麗な水にすずむ癒しのライドが味わえるこの道。

秋に紅葉が入ることでより一層、風光明媚になります。

本当に綺麗な自然が残る高島市の奥地。

この渓流沿いだけでの美しい林道が20km近くも続く。
平坦メインだし本当に楽しいです。

しかし、コンビニおろか自販機もなく休憩するとこなど皆無だから(笑)
ひたすら漕ぎ続ける!!

そしてようやくお待ちかねの小入谷へ。
紅葉が見頃をやや過ぎていたものの超絶景だった!!
この中をサイクリングできるのは何とも贅沢だ・・・。

紅葉するだけで新緑の時とはまったく違う風景になる。
赤、黄色、橙、緑・・・・
様々な色が作り上げる小入谷の紅葉は素晴らしいです!

最も有名なのがココ!

上ってきた極上のワインディングロードを望み、一面には溢れんばかりの紅葉・・・・。

やはり、たくさんカメラを携えた方々がおり、この景色の素晴らしさを共有する。
こういう時間も楽しいですね!

しかし、やはりクライマーたるもの頂上へ行かなきゃね!
って、あんま何も無くて寂しい・・・。(笑)

福井側の眺望は山並みは綺麗ですが、紅葉はあまり望めません。
晴れている時は日本海を見え渡すこともできるこの場所。
というか、早く福井側を舗装化してほしいな〜(切実)

さぁ、下りに入ります!
相変わらず、本当に素晴らしい絶景が待ってくれている!!

本当に鮮烈な紅葉が目の前に飛び込んできます。

そして、この紅葉のスケール感は、どことなく乗鞍岳の紅葉を思い出す・・・。
いやぁ関西屈指の紅葉絶景道路だ!

実は、高野龍神スカイラインよりも紅葉は素晴らしいのではないか??と思うほど!

相変わらず、このアングルも好きです。
自転車と収められてお気に入りの一枚📷


下ってくるとこんな感じ〜♪
下も下で味のある紅葉です。


さてさて、この「おにゅう峠」
昔はマイナーだったが、近年は『雲海と紅葉が一緒に見られる場所』として凄く有名になってきたのだとか!

ということで、前述の通り人も多く、下りでも結局また談笑タイム突入(笑)
ついには2時間も居座ってしまいました(笑)

その結果、補給なし空腹!さすがに昼飯が食べたい!w
その一心でペダルを回すw

ってことで帰りは、鯖街道沿いのうなぎ丼で贅沢贅沢(笑)
朽木渓流を走ってるときは若干しんどかったが、おかげで美味しい鰻がより旨く感じられる!!
空腹は最高のスパイスってこのことですね(笑)

さぁて、今回も最高の1dayライドになった!!!

関西が誇る絶景の「おにゅう峠」
素晴らしい紅葉を自転車で見に行ってみませんか??


2 件のコメント :

  1. こんにちは!「おにゅう峠」はサイスポの琵琶湖特集で見てから気になってました。
    滋賀県と福井県の舗装路の差が凄いと有名ですね!
    もっと視界がないのかと思ってましたけど、絶景峠なんですね〜。
    遠いけど行ってみたい峠のひとつです!!

    返信削除
    返信
    1. ぴぃすけさん、コメントありがとうございます。
      サイスポで取り上げられてたんですね!

      本当に差がすごいです。笑
      両方行くならブロックタイヤが欲しいかと!
      シクロクロスとかグラベルロードが良いですかね〜

      おっしゃる通りで視界が開けている箇所は少ないのですが、その少ない箇所からは絶景が望めます!
      大津から行こうと思えば遠くはないので、また関西にいらした際にはぜひ行ってみてください!!

      削除

2018年豆イチ&無人島BBQ by島空撮

Twitter